勉強方法

公務員試験の合否を分ける?合格できる勉強スケジュールの立て方を元合格者が伝授

強スケジュールってどう立てたらいいんだろう・・・

そのような悩みを抱えている受験生は多い。

 

やるべきことが多い公務員試験を突破するためには、しっかりとした計画を立てて、長期的に努力する必要がある。

ただし「ただなんとなく」勉強していているだけでは合格できない。

 

倍率が高い公務員試験を勝ち抜くためには、適切に勉強計画を立てて、長期的なスパンでコツコツと努力するほかない。

 

ですが・・・

実際どのように計画を立てたらいいんだろう・・・

と悩んでいる人も多いハズ。

 

この記事では公務員試験の具体的なスケジュールの立て方やコツについて徹底解説していく。

 

あなたがこれを読むことで、適切にスケジュールを立てることができるようになるだろう。

その結果、公務員試験に合格する確率が飛躍的に高まるはずだ。

 

公務員試験を突破する確率を少しでも高めたいと考えているなら、読んでおこう。

 

そもそもなぜ目標を立てるべきなのか?

公務員試験に合格するためにはスケジュールを立てて、長期的なスパンで努力をする必要がある。

そのためセンスのある受験生はスケジュールを適切に立てることの重要性は理解しているはず。

 

だけど多くの人は

なぜスケジュールを立てるべきなのか?

という根本的な理由をおさえていないから、適切なスケジューリングができないのだ。

 

この記事のメインディッシュである「合格するためのスケジュールの組み立て方」についてはこの記事の後半でお話していくが、その前に、

なぜ目標を立てるべきなのか?

について徹底解説していく。

 

この本質を理解できれば、どのようにスケジュールを立てればいいのか?という本質が理解できるようになるはずだ。

 

スケジュールを立てる理由は次の2つだ。

多くの受験生はスケジュールを立てることの重要性を理解しているが

「なぜスケジュールを立てるべきなのか?」

という本質を理解していないため、適切なスケジュールを立てることができない。

 

私が思うに、スケジュールを立てる本質は次の2点に集約できる。

①長期的視点で考えられる。

②締切効果を発揮できる。

それではそれぞれ説明していく。

 

スケジュールを立てるメリット:
①長期的視点で考えられる。

公務員試験は膨大な範囲から問題が出題される。

その試験を突破するためには、スケジュールを立てて、長期的な視点で勉強を行う必要がある。

長期的な視点で考えなければ合格はできない。

 

合格するためにやるべきことは次の3ステップだ。

①何をやるべきかを決め、

②それを毎月、毎日のスケジュールとして管理する。

③そして毎日するべきことを淡々とこなす。

 

公務員試験を突破するためにやるべきことはシンプル。

試験日までにやるべきことをやっていれば合格できるんだ。

 

スケジュールを立てることで、そのやるべきことが合格につながっているということが理解できるはずだ。

 

スケジュールを立てるメリット:
②締切効果を発揮できる。

スケジュールを立てる2つめのメリットとして、「締切効果を発揮できる」というメリットがある。

 

そもそも人間は誘惑に弱い。

例えば面白いテレビやYouTube、ゲームなどたくさんあるだろう。

それに比べて公務員試験の勉強はつまらない。

 

だけど合格するためには誘惑を打ち切り、勉強に集中しなければいけない。

楽しいことを我慢し、公務員試験の勉強という苦痛を味わなければ、合格することはできないのだ。

 

ではどうすれば誘惑に打ち勝つことができるのか?

「危機感」をうまく使うことだ。

 

そもそも人は「このままではやばい・・・」という危機感がなければ本気になれない。

 

例えばダイエットで考えてみよう。

「ダイエットをなんとなくやろう!」と決意しても、本気になれないはずだ。

本気になるには危機感が必要である。

例えば

「このままでは好きな人に振り向いてもらえないのでは?」「このままではデブと馬鹿にされるのでは?」という危機感があるから本気になれるのだ。

 

つまり危機感がなければダイエットは成功しない。

成功するためには危機感が必要なのだ。

 

これを公務員試験で置き換えてみよう。

「このまま勉強しなければ、公務員試験に落ち、不合格になってしまうのでは・・・」「落ちて浪人することになってしまうのでは・・・」という危機感がなければ、本気になれないのだ。

 

うまく努力できる人はこの危機感をうまく使っているということを押さえておこう。

 

そしてこの危機感をうまく使うために、「スケジュール」はかなり役に立つ。

 

スケジュールを立てて勉強すると考えてみよう。

スケジュールを立てることで毎日するべきことが明確に分かるようになる。

 

そしてその日々のスケジュール通りに勉強できないと、

「このままでは合格できないのでは?」という危機感が生まれるはずだ。

目的意識もなく、なんとな~く勉強してしまえば危機感は持てないが、毎日のスケジュールを管理し、合格するために何をするべきなのか?を明確にすれば危機感を持てるようになる。

 

つまりスケジュールを立てることは、危機感を煽るという意味でも重要なのだ。

 

公務員試験はマラソンのようなものと考えておこう。

公務員試験で重要なのは、最後まで走り切ることが重要である。

そのためにはモチベーションをうまく管理する方法を学ばなければならない。

 

そしてそのモチベーションを管理するために重要な鍵は「危機感」であるということを押さえておこう。

 

適切にスケジュールを立てるために重要なキーワードは「構え!打て!狙え!」だ。

さきほどはスケジュールを立てるメリットについてお話してきた。

 

そしてここからはこの記事のメインディッシュである、

「合格するための適切なスケジュールを立てる方法」

についてお話していく。

 

そのために重要なキーワードは「構え!打て!狙え!」だ。

 

「構え!打て!狙え!」とは?

まずこの「構え!打て!狙え!」はあまり馴染みがない言葉だと思う。

 

普通は「構え⇛狙え⇛打て」だろう。

的を狙う場合も「構えて⇛よーく狙って⇛打つ」というステップが普通なはず。

 

スケジュールもこのステップ(「構え⇛狙う⇛打つ」)で考える人が多い

  1. 構え(目標を達成するためにやるべきことを明確にする。)
  2. 狙え(毎日のスケジュールに振り分ける)
  3. 打て(実践する。)

多くの人が気づいていない真実をお話する。

 

多くの人が計画倒れになる理由は、

「構え⇛狙って⇛打つ」というステップでスケジュールを立てるからだ。

 

この計画の立て方がそもそもの癌なのだ。

だから多くの人は計画倒れになってしまう。

ほとんどの人は勉強を始める前に、いきなり緻密な計画を立てようとするが、これが最大の原因なのだ。

 

あなたはこのような経験をしたことがないだろうか?

やまべ
やまべ
Aという参考書を1 カ月で終わらせるという計画を立てても、実際に勉強してみると以外に難しかったため、1.5ヶ月かかってしまった・・・

このようなズレが積み重なって計画が破綻するのである。

 

いい?

 

スケジュールを立てる上で重要なのは

「ざっくりと計画を立ててとりあえず走ってみること。」

 

勉強を始める前から緻密に計画を立てても、どうせズレが発生するし、そのズレを修正しようとすると、さらに時間がかかる。

だからはじめから緻密に計画を立てることは無駄なんだ。

 

 

大事なのは「構え⇛打て⇛狙え」というステップでスケジュールを立てればすべてが解決する。

具体的には次の3ステップでスケジュールを立てれば良い。

効果的なスケジュールを立てるための3ステップ

  1. 構え(ざっくりとするべきことを決める。)
  2. 打て(試しに走ってみること。)
  3. 狙え(計画を修正すること。)

 

それでは、それぞれのステップで何をするべきかを紹介していく。

「構え⇛打て⇛狙え」スケジュール構築法
①構え編

構えでは次の2つのことを行っていく必要がある。

①「公務員試験に合格するために何をするべきなのか?」をリストアップし、

②ざっくりと計画を立てる

そもそも勉強を始める前に、合格するために何をするべきなのかを逆算しなければ、合格するためにするべきことが分からない。

 

公務員試験の筆記試験で合格するためにはどれくらいの点数を取る必要があるのか?を見極めなければ、合格するための計画を立てることができないからね。

 

だから勉強を始める前に合格するために必要なことをリサーチする必要がある。

具体的には次の情報源に当たるようにしよう。

①合格者に聞く

②予備校の先生に聞く

③合格体験記を読み漁る

 

これらの情報源をリサーチし

  • 合格までにどれくらいの勉強が必要なのか?
  • 合格点を取るためにどのような戦略で戦うべきか?

などを見極めなければ、合格することはできないだろう。

 

ですが・・・

これらをリサーチするのってめんどくさいはず。

 

ですからこれら2点について、私の体験を踏まえてどのような対策をすれば合格できるのか?についてお話していく。

 

ちなみに私は底辺大学でほぼゼロの勉強だったが、国家一般職、県庁、市役所に内定をもらえた。

だからある程度は参考になるはずだ。

 

どれくらい点数を取るべき?
合格に必要なのは専門試験は7割、教養試験は6.5割だ。

まずは公務員試験のボーダーについてお話していく。

詳しくはこちらの記事でも解説しているので、結論だけをお話するが、

予備校に行けば落ちる??公務員試験のボーダーと必要な正答率と予備校を勧めない理由を徹底解説

 

国家一般職、県庁、市役所に合格するためには

専門試験・・・7割

教養試験・・・6.5割

を目標にすればOKだろう。

この点数をコンスタントに取れるようになれば、試験に落ちることはなくなるはずだ。

 

実際私は、過去問を解いてこれくらいの点数を取れていたが、受験したところはすべて合格することはできた。

だから「専門試験は7割、教養試験は6.5割」を目標に勉強をしていこう。

 

合格点を取るためにどうすればいいの?
⇛メリハリをつけた勉強をしろ!!

 さきほどは合格するために必要な点数をお話してきた。

しかしあなたはこのような疑問を抱えているはずだ。

受験生
受験生
その合格点を取るためにどれくらいの勉強をすればいいの?

と。

 

この質問について答えるとすると、

「今までどれくらい勉強してきたのか?」

「どのくらいの教養があるのか?」

などによって変わってくるので、一概に説明することはできない。

 

だが私は、ほぼゼロから勉強して公務員試験に突破したので、

ほぼゼロからどの科目を対策すれば合格できるのか?

について話せる。

 

もしあなたがほぼゼロからの対策なら非常に参考になるお話ができるはずだ。

 

参考:この科目を押さえれば合格できる。

結論からお話する。

公務員試験はメリハリのつけた対策をすることが、合格の鍵である。

 

つまり

  • 対策するべき科目
  • 手を抜くべき科目

を明確に設定した上で、強弱をつけて対策をしなければ合格することは難しい。

 

公務員試験の戦略についてはこちらの記事で解説しているが、

公務員試験で出題される科目一覧と勉強するべき科目はこれだ!

 

ざっくりお話すると、次の科目に集中して対策すれば問題ない。

これらの科目だけをしっかりと対策しておけば、合格点は必ず取れるだろう。

 

①専門科目

  1. 法律科目(憲法、民法、労働法、行政法)
  2. 経済科目(マクロ経済学、ミクロ経済学、財政学)
  3. 行政科目(政治学、行政学、社会学)

②教養科目

  1. 知能科目(数的処理、文章理解)
  2. 一般知識科目(生物、地学、地理、世界史)

 

おすすめの参考書についてはこちらの記事で解説しているので、読んでおいてほしい。

元受験生が語る?公務員試験の一般教養の勉強法とおすすめの参考書はこれだ!!

公務員試験の専門科目の独学での勉強法!おすすめの参考書はこれだ!!

 

するべきことをリストアップし、月ごとの目標を立てろ!

さきほどまでは「合格するために何をするべきなのか?」についてお話してきた。

続いてはそれらのするべきことをリストアップし、ざっくりと計画を立てていこう。

 

ここでのポイントはざっくりとした計画でOK。ということだ。

 

受験日までにやるべきことをリストアップし、それらを試験日までに分ける程度のもので問題ない。

 

例えば1年後に試験があるならするべきことをリストアップし、それを12等分する。

そして1 カ月でするべきことをざっくりで良いで決める。

 

このように月ごとのざっくりとした計画を立てることが、スケジュールを立てる上で重要である。

 

おすすめのスケジュール例

それでは具体的なスケジュールの組み方について説明していく。

 

何度もお話しているが、スケジュールを立てる上で重要なポイントはメリハリである。

つまり重要な科目から優先的にでつぶす必要がある。

 

例えば一年間の勉強期間があるなら、

初めの6ヶ月で「憲法、民法、行政法、ミクロ経済学、マクロ経済学、数的処理、文章理解」を完璧にする。

そして残りの期間で「政治学、行政学、社会学、労働法など」の基本問題に絞って対策していく。

 

このようにメリハリをつけたスケジュールを立てることが、合格の鍵である。

 

構え編のポイント

  • 合格するための合格点を調べる。
  • 合格点を取るために何をすればいいのかをリサーチする。
  • 何をすればいいのかをすべてリストアップし、それを月ごとに振り分けて、ざっくりとした計画を立てる。
  • 優先順位をつけて対策するために、メリハリをつけたスケジュールを設定しろ。

 

「構え⇛打て⇛狙え」スケジュール構築法
②打て編

つづいては「構え⇛打て⇛狙え」の「打て」について解説していく。

「構え」ではざっくりとした勉強スケジュールの立て方についてお話してきたが、

この「打て」では実際に勉強するために意識するべきポイントを説明していく。

 

具体的には次の3つのポイントを押さえればOKだ!

打て!でするべきこと。

  1. 時間割を作れ!
  2. やるべきことはタスクリストに落とし込め!
  3. プレッシャー勉強法

この3点を意識すれば、効率的に勉強ができるようになる。

特に「プレッシャー勉強法」では、ライバル達の2倍、3倍以上のスピードで勉強できるノウハウを解説しているので楽しみにしておいてほしい。

 

それではそれぞれ説明していく。

打て!でするべき事:
①時間を決めて勉強しろ!

勉強を効率化する上で重要なのは、時間をベースに計画を立てることが重要だ。

よく勉強する上で、「このページまで終わらせるぞ。」と量で計画を立てる人がいる。

が・・・勉強する科目によって難易度や量が異なるため、計画通りに行くことは少ないはずだ。

その結果計画がずれる。

そして一度計画が崩れたら「自分はなんてだめなんだ・・・」とモチベーションが下がってしまう。

という負のスパイラルに陥っている受験生は多いハズ。

 

だから勉強量で予定を立てるのはナンセンス。

 

大事なのは、時間を固定することだ。

例えば「8時から1時間勉強をする」と決めること。

 

このように勉強する時間を決めることで、「勉強をするという習慣を付ける」ことができる。

ほとんどの人が勉強できないのは、期限がないからだ。

つまり期限がないから勉強を開始することができず、ダラダラとしてしまうのだ。

 

具体的には、○時から○時まで数的処理を勉強する。

というように、勉強時間の開始時間を決めておくことを心がけよう。

 

打て!でするべき事:
②やるべきことはタスクリストに落とし込め!

勉強を継続するためには、その日やるべきことをリスト化することが重要だ。

 

このリストを作るメリットとしては次のようなものがある。

  • やり忘れることがなくなる。
  • やるべきことが明確になるため、勉強に集中できる。
  • リストが残っていると気持ち悪いため、勉強に意識が向くようになる。

 

勉強の腰が重くなるのは、今日何をするべきかを決めていないからだ。

やることが決まっていないから、勉強できないのだ。

 

勉強をするなら、あらかじめやるべきことを決めておくことをおすすめする。

そうすることでやらざるを得ない状況になるからだ。

自分が決めたやるべきことをやらないと気持ち悪いからね。

 

打て!でするべき事:
③プレッシャー勉強法

多くの受験生は「集中できない・・・」という悩みを抱えていることが多い。

 

その解決策をお話する。

集中力を高めて勉強を効率よく進めるには、時間的なプレッシャーを与えることが重要である。

もしこの勉強法を実践すれば、頭の回転や理解力が飛躍的に向上しているということに気がつくはずだ。

この勉強法のコツはプレッシャーを与えることだ。

 

つまり、

あらかじめ制限時間を決めて、その制限時間内でギリギリ達成できる目標を立てること。

そしてその目標を達成するために全速力で勉強する。

という2ステップで勉強する必要がある。

 

このプレッシャー勉強法をする上でのコツは目標を高くすることだ。

「集中しなければこの目標はゼッタイに達成できない・・・」というような無茶な目標を立てることで、焦りを生み出すことがこの勉強法のコツである。

 

「勉強に集中できない」と悩みを抱えている受験生がいるが、その解決策として最も役に立つのは、みずからプレッシャーを与え、時間の密度を変えることだ。

例えば・・・

普通の人が1つ考えているなら、その時間の中で2つや3つ考える。

普通の人が1文を読んでいるなら、その時間の中で2文を読む。

普通の人が問題を1つ解いているなら、その時間の中で2問解く。

このようにスピードを意識することで、勉強の効率が飛躍的に高まる。

焦りをうまく使うことが、あなたの集中力は高まるための鍵なのだ。

 

 

では具体的にどうやって勉強すればいいのか?

私が実際に行っていた勉強法は次のようなものだ。

①タイマーで30分を設定。

②その30分で「自分ができるかな?」というギリギリのラインで目標を立てる。

③30分タイマーがなるまで本気で勉強する。

この3ステップで勉強すれば、かなり効率よく勉強ができるようになることに気がつくはずだ。

 

人はプレッシャーがなければ集中力が続かないということを覚えておこう。

プレッシャーを自ら設定し、「このままでは間に合わない。もっと早くしないと・・・」という制約を作ることで、高速で脳がフル回転するようになる。

イメージとしては短距離を何度も走る!という感じですかね。

 

勉強の質を高めるためには、プレッシャーを自ら与えることを意識しておこう。

 

「構え⇛打て⇛狙え」の打て編のまとめ

①時間ベースで勉強をすること。

②やるべきことはタスクリストに落とし込むこと。

③集中力を飛躍的に上げるために自らプレッシャーを与えること。

「構え⇛打て⇛狙え」スケジュール構築法
③狙え編

最後に打てについて解説していく。

 

このステップでするべきことは非常にシンプル。

それはうまくいった部分とだめだった部分を分析し、常に改善することだ。

 

何かの成果を出すためには常に改善する必要がある。

いきなりすべてうまくいく人間なんてない。

少し実践⇛改善⇛少し実践⇛改善というようなサイクルを常に回し続ける必要があるのだ。

 

例えば

ノルマがこなせなかったのなら

⇛「なぜ今日のノルマがこなせなかったのか?」

勉強のモチベーションが上がらないのなら

⇛「なぜモチベーションが上がらなかったのか?」

というように常に問題を分析し、解決策を見つける必要がある。

 

このような改善策を常に意識しなければ、公務員試験で合格を勝ち取ることはできないということを覚えておこう。

 

努力していれば結果が出る!と思ってしまう人も多いが、間違った方法で練習をしても意味がない。

公務員試験では点という成果を求める必要がある。

いくら勉強しても、結果が出せなかったら意味がない。

結果を出すためには常に改善する必要があるのだ。

 

まとめ:勉強スケジュールは「構え⇛打て⇛狙え」で考えろ!!

この記事では効果的なスケジュールとして、

「構え⇛打て⇛狙え!」というコンセプトでお話してきた。

 

この記事を参考にスケジュールを組み立てれば、計画倒れになる可能性はかなり低くなる。

やるべきことが明確になるため、毎日の勉強に目的意識を持つ事ができるようになるだろう。

その結果勉強が続くようになるため、合格率を飛躍的に高めることができるはずだ。

 

この記事を読んで、適切な勉強計画の立て方を実践し、さっさと公務員試験の勉強を始めるべきだ!

 

独学者の勉強スケジュールの立て方については、こちらの記事でも徹底解説している。

もしあなたが独学で公務員試験を考えているなら、必ず読んでおこう。

公務員試験の独学者必見!超効率的な勉強スケジュールの立て方を徹底解説。

山辺の「無料メール講座」のご案内

 

底辺大学から公務員試験を突破した、公務員試験を突破するためのメルマガ講座を作りました。

ぜひあなたの公務員試験の対策に役立ててください。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティのものをお送りしていますので。

 

具体的には次のようなことをお話しています。

面接官を洗脳して、高評価を得るあるフレーズの使い方とは?

「他人より理解力がかかる人」の根本的な原因とは?

一瞬で脳に焼き付け、2倍以上の効率で勉強する方法とは?

 

もしあなたが『本気で』公務員試験を突破したいなら必ず読んでおきましょう。

 

関連記事はこちら