面接対策

なぜ、公務員になりたいの?という質問に答えられないあなたへ。

「なぜあなたは公務員になりたいのですか?」

という質問にありきたりな内容しか思いつかないアナタへ。

 

公務員試験を突破するためには面接が重要。

これはあなたも知っていることだと思います。

 

そしてよく聞かれるのが「なぜ公務員を志望したのか?」という質問。

 

正直、この質問に本音で答えるなら、

公務員の仕事にやりがいなんて求めてねーわ

ぶっちゃけ安定しているから。

だと思います。

 

やりがいを求めるなら、民間に行くわ!!

というのがほとんどの人の本音ですよね。

 

その本音を面接で伝えたらどうなるでしょうか?

これは言わずもがなだと思います。

 

「なぜ公務員になりたいのか?」という質問に対し、面接官が説得するような回答をしなければ、合格に近づきません。

 

そのような印象を与えるために、面接で何を意識すればいいのか?

 

それは、あるポイントを押さえることです。

このポイントを押さえることで、面接官に説得力のある回答ができるようになるはず。

 

多くのサイトや書籍の「なぜ公務員になりたいのか?」という質問に対する解答例として、

「公共の利益のために働けるから・・・」

「社会のために働きたいから・・・」

「国民がより幸せな生活をすることを実現したいから・・」

という例が紹介されています。

 

が。

 

それで本当に、面接官に熱意が伝わると思いますか?

 

・・・そのような回答では、伝わらないですよね。

このような回答はありきたりに聞こえるはずです。

 

「なぜ公務員になりたいのか?」という質問に対し、このようなズレた回答をする理由。

それは、面接を教えている人が、この質問で押さえるべきポイントが分かっていないからです。

 

だから、間違った指導をしてしまう。
(予備校や公務員講座でもこのポイントが分かっていない人がほとんどですので注意が必要です。)

 

そもそも「面接官が何のためにこの質問をしているのか?」という意図が分かっていない。

 

そのポイントを意識せずに面接しても、不合格になってしまうかもしれません。

 

あなたが筆記試験を突破するために、寝る間も惜しんで勉強した時間が無駄になるかもしれません。

もしくはそのまま試験面接に全滅し、浪人、もしくはブラック企業で働かざるを得なくなるかもしれません。

怖いですね。不合格になってしまったら。

 

逆にこの質問に適切に答えると無事に合格する確率が高まるでしょう。

民間企業でよくある「クビ」や「ノルマ」を避けられ、一生、安定した生活を遅れるはず。

合格したことをみんなに伝えると「羨ましい!!」「おめでとう!!」という声をかけられるかもしれません。

合格をした瞬間、女性からのアプローチが増えるかもしれません。

(ラインにひっきりなしに連絡が来るでしょう・・・)

 

もし「なぜ公務員になりたいのか?」という質問にどう答えたらいいかわからない。

アナタがこのような不安を感じているなら、この記事を読んで、準備しておきましょう。

 

それではまいります。

 

「なぜ公務員になりたいのか?」という質問で押さえるポイントは仕事の価値課と理解だ!!

「なぜ公務員になりたいのか?」

志望動機を考えるために、まずこの質問について考えますよね。

 

ですが、ネットや本で調べても、あまり参考になる事例がない。

「公共の利益のため」「住民のため」「大きなことができる」などという薄っぺらい情報が蔓延しています。

 

ですが、センスのいいあなたは、この回答に少し違和感を感じているはず。

このような回答では、面接官に本気度が伝わらない。

 

そのような回答をしても、

「こいつはどこかのサイトを見ているだけか。」「たまたま筆記試験に合格しただけか。」「第一志望ではないのか。」と思われるはずです。

 

いいですか。

多くの人は押さえるべきポイントを間違えるから、このような回答をしてしまうのです。

 

「なぜ公務員になりたいのか?」面接官を質問をするのか?

 

それは次の2点を知りたいためです。

①仕事に対する価値観(理想)を知りたい

②公務員と民間の仕事の違いを理解しているのか?

 

自分が何をしたいのか?

どうなりたいのか?

そしてその理想に近づくには、公務員しかない。

これをエピソードと共に話す必要があるのです。

 

そうすることで、初めて「熱意」や「本気度」が面接官に伝わります。

 

具体的には次のように発言していきいましょう。

公務員という仕事は〇〇だと理解しており、民間企業ではできないことが多い。私の理想(〇〇)を成し遂げたいために、公務員を志望している。

その〇〇を持った理由は・・・(自分のエピソードを交えながら話す)。

 

これらを自分の言葉で考えるようにしましょう。

この2つのポイントを押さえることで、「自分が本気で公務員になりたいんだ。」という熱意が伝わるのです。

なぜ公務員になりたいのか?に答えるために重要なポイント

①あなたが持っている仕事の価値観とは何か?

②公務員の仕事を理解しているか?

それぞれお話していきます。

 

押さえるべきポイント①:あなたが持っている仕事の価値観とは何か?

あなたの周りに

「こいつの発言は嘘っぽい」

「こいつは取り繕ったことしか言えない」

「こいつは薄っぺらいな」

という友達などはいませんか?

 

表面上は優しいのにうさんくさい。なぜか心の底からの発言にしか聞こえない。

そう思えないのは「WHY」が足りないからです。

この「WHY」とは自分の大義、理想です。

 

自分のWHY(大義、理想)を明確に持つこと。

そして、それを軸にあなたの志望動機を組み立てること。

こうすれば、あなたの発言に説得力が出てくるのです。

 

多くの人は「観光がしたい。」「社会全体のために仕事をしたい」という、「WHY」ではなく、「WHAT」で考えるから熱意が伝わらないのです。

 

ちょっと違う例で考えてみましょうか。

あなたが女性の立場で、とある男性A男とデートに行ったと考えてみましょう。

その際、このようなアピールをしてきたらどう思うでしょうか?

  • 実は大金持ちだ
  • 大きな一軒家を持っている
  • 有名人の知り合いも大勢いる

 

このようなアピールでは、お金や家に惹かれる人がいるかもしれませんが、この男性には惹かれないですよね。

 

二度目のデートに行こうとは思わないと思います。

 

 

では、次のB男を考えてみましょう。

デートの際に、次のようなアピールをしてきました。

「毎日が楽しい。毎日好きなことの仕事ができるし、多くの人に感動してもらうことができる。結果を出すために、あれこれ考えていることが本当に楽しい。しかも、お金を稼げるし、大きな一軒家も買えた。有名人とも仲良くなれた。好きなことができるのは、すごく幸せなことだ。だからこそ、上手くやってこれたんだよ。」

 

同じ発言をしているのに、後者の男性に魅力を感じますよね。

それは自分の「WHY」の発言だったからです。

 

多くの受験生の志望動機がなぜ薄っぺらく感じるのか?

多くの人は何ができるという(WHAT)をアピールしますが、人を熱狂させることができません。

このような自己中心的な発言ではだめなのです。

 

熱意を伝えるために、重要なのはこの「WHY」です。

  • なぜその仕事をするのか?
  • 仕事でどのような貢献がしたいのか?
  • 自分は何のために働きたいのか?
  • どういう価値観を仕事に持っているのか?

これを明確に説明することで、面接官に熱意が伝播するのです。

 

多くの人は自分を取り繕うから、面接官にちぐはぐな印象を与えてしまいます。

 

そうではありません。

 

自分の中にあるものに目を向けるべきなのです。

自分の心の底からの仕事の価値観を見つけて、これを面接でぶつけましょう。

 

私は〇〇という価値観のために仕事をしている。

〇〇に貢献したい!!

〇〇を達成したい!!

この価値観を考えずに面接に臨むと、面接官に「こいつは安定しているから公務員になりたいんだな・・」と思われてしまいます。

 

押さえるべきポイント②:公務員の仕事の理解

いくら熱意がある発言をしても、それが公務員に合致していなければ意味がありません。

「熱意はあるけど、この受験生は勘違いしているな。」と思われれば、合格に繋がりません。

 

なぜ民間企業ではなく、公務員になりたいのか?

この質問に適切に答えるには、当然ながら、公務員と民間企業の違いを理解していなければいけません。

 

この違いを理解した上で、公務員にしかできない仕事をしたいから志望している。

というように発言しなければなりません。

 

多くの受験生は、公務員と民間の違いについて、

「民間は利益を追求、公務員は全体の奉仕者」というざっくりした理解をしていないから、ほかの受験生と似たような発言になってしまうのです。

 

更に掘り下げて考えてみましょう。

  • 公務員の仕事は、農林や産業振興など様々な分野にまたがって仕事ができる。
  • 公務員は利益を追求しなくてもいいので、長期的な視点で行政を運営できる。
  • 利益を追求しなくていいので民間では採算が合わなくてできないような新たな取り組みができる。
  • 民間企業同士の間に入り、行政が主導になり、協力関係を構築できる。

などの点が挙げられます。

 

このような違いを考えた上で、「なせ公務員になりたいのか?」という質問に対する答えを考えていきましょう。

公務員の志望動機として「社会貢献がしたいから」という受験生がいますが、それは不合格の可能性があるのでやめておきましょう。

そもそも民間企業もお金を稼ぐことで、製品を販売することや税金を収めることで、直接・間接的に社会貢献しているので、視野が狭いと評価されてしまいます。

社会貢献は、公務員でも民間でもしていることなので、それは志望動機になりえませんで、注意しておきましょう。

 

ほとんどの受験生の志望動機がありきたりな理由

私は最近、とある友達の結婚式に行ってきました。

 

婚式の最後のイベントで、新婦の父が娘に向けた手紙を読んでいたのですが、話がかなり下手くそで、ぼそぼそと何を喋っているかわかりませんでした。

初めは「早く終わらねーかな。」と思っていました。

 

しかし、徐々に、会場全体がその話に引き込まれ・・

 

そのスピーチが終わった後、会場には感動的な空気が流れていました。

会場のいたるところにすすり泣く声が聞こえるほど、素晴らしいものだったのです。

 

なぜ感動したのか?

 

その理由が「心の底からの発言」だったからです

人を感動させるのでは、ありきたりな言葉より、心の底からの感情を意識しなければなりません。

そこで私は気づきました。

 

「話が上手でなくても、心の底からの言葉は人を動かす力があるのだ」と。

 

これって面接でも同じだと思うのです。

 

自分が何を考えているのかを考えようとせず、他人の言葉をパクろうとするから薄っぺらい志望動機になるのです。

このような言葉では面接官の心を打ちません。

 

「多くの人は良い発言をすれば合格できる!!」という勘違いをし、想定問答集を作り、それを丸暗記することで乗り切ろうとしますが、それでは合格できません。

 

そもそも、面接官は多くの受験生や職員を見ているベテランなので、あなたの発言が、本気かどうかなんて絶対に分かります。

騙し通すのは不可能と思っておきましょう。本当かウソかなんてなんとなく分かるからです。

あなたがするべきことは表面上を取り繕うのではなく、自分の本音や自分の持っている価値観を明確にすることです。

つまり、合格のタネは自分の中にあるのです。

 

まとめ:面接は自分の本音の部分を見つける作業だ!!

多くの受験生は「面接ではミスをしなければ合格できる」と思いがちですが、それでは合格はおぼつきません。

 

重要なのは、自分の仕事の価値観を明確にすること。そして、その価値観を達成するためには公務員になるのが一番なこと。

そして、それを自分のエピソードを交えて話すことです。

 

そのためには答えを取り繕ってはいけません。

自分の本音を見つけ、それを公務員に結び付けられないか?を考えていきましょう。

 

熱意を伝えるには「自分のそこから湧き上がること」を言葉にしないといけないのです。

ネットや本を見て志望動機をパクっても、それが自分の言葉では面接官の心を動かせません。

 

ぜひこの記事を参考に、「なぜ公務員を目指すべきなのか?」について考えていきましょう。

山辺の「無料メール講座」のご案内

 

底辺大学から公務員試験を突破した、公務員試験を突破するためのメルマガ講座を作りました。

ぜひあなたの公務員試験の対策に役立ててください。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティのものをお送りしていますので。

 

具体的には次のようなことをお話しています。

面接官を洗脳して、高評価を得るあるフレーズの使い方とは?

「他人より理解力がかかる人」の根本的な原因とは?

一瞬で脳に焼き付け、2倍以上の効率で勉強する方法とは?

 

もしあなたが『本気で』公務員試験を突破したいなら必ず読んでおきましょう。

 

関連記事はこちら