勉強方法

公務員試験の専門科目の独学での勉強法!おすすめの参考書はこれだ!!

公務員試験を勉強しよう!!

そう思ったアナタはその科目数の多さにびっくりしたかもしれません。

私も初めて公務員を考えていた時、

やまべ
やまべ
こんなのムリだろ。馬鹿だろ。

と思ったのを覚えています。

私も勉強は本当に苦労しました。

 

私は偏差値50程度の理系の大学だったため、もちろん専門科目を勉強したことはありませんでした。

つまりゼロからのスタートです。
(大学で法律を学んでいるやつが「法律は簡単だな・・・」と言っていた時はサツガ○してやろうと思ったことを覚えています。)

ですが、心配しないでください。

まったくのゼロからほぼ半年勉強した結果、
筆記試験では国家一般職の試験で9割得点でき、
「国家一般職、地方上級、市役所」に内定をいただきました。

 

この記事では

『合格した私が専門科目の勉強を具体的にどのように行ったのか?』を解説していきます。

 

それではまいりましょう。

そもそも公務員試験の専門科目って何?

「公務員試験を勉強しよう!」

そう考えたアナタは公務員試験に「専門科目」と「教養科目」があることに気がついたことでしょう。

専門科目はザックリいうと次のような科目です。

専門科目の出題科目

  • 法律系(憲法、行政法、民法、労働法など)
  • 経済系(経済原論(ミクロ・マクロ)、財政学)
  • 行政系(政治学、行政学、社会学)

多いですよね。

 

これを初学者はゼロから勉強しなければならないんです。

・・・どう思いました?

 

あなたの心から「ポキっ」という音が聞こえて来ました。

安心してください。

 

あなたの折れやすいポッキーのような心でも合格できるような方法をお話していきます。

 

結論から言えば、

 

公務員試験はしっかりとした戦略

 

を持てば合格できる試験です。

 

専門科目は法律系と経済系に力を入れて勉強しろ!

公務員試験の各筆記試験の専門科目は次のとおりです。

公務員試験の専門科目では主に次の3グループが出題されます。

①法律系(憲法、民法、行政法など)

②経済系(ミクロ、マクロ、財政学)

③政治学系(政治学、行政学など)

 

さて、なにか気づきました?

そうなんです。

 

配点が偏っているんです。

 

ということはメリハリをつけた勉強を求められるということです。
(特に法律系と経済系の配点が高いということが分かるはず。)

効率よく点を取るために重要なのは、勉強するべき科目と手を抜くべき科目を見極めることです。

この記事の後半でもお話していますが、合格するためには

  • 憲法
  • 行政法
  • 民法
  • ミクロ経済学
  • マクロ経済学

の主要科目を押さえていきましょう。

ちなみに専門科目の試験の内容についてはこちらの記事でも解説しています。

ぜひご覧ください。

↓ ↓ ↓

公務員になりたいキミへ。公務員試験の専門科目をたった3分で理解させます。

 

専門科目のそれぞれの具体的な勉強の仕方と戦略

さて、続いてはそれぞれの科目について具体的に説明していきましょう。

前半でもお話しましたが公務員試験の専門科目を突破するためには、

『主要5科目(憲法、民法、行政法、ミクロ経済学、マクロ経済学)に集中する』

という戦略で戦っていきましょう。

勉強時間の1/2はこの科目に使ってもいいかもしれません。

 

そして専門科目で勉強するべき科目は次のとおりです。

  • 法律系(憲法、民法、行政法)
  • 経済系(ミクロ、マクロ、財政学)
  • 行政系(政治学、行政学)

※その他の專門科目は捨てても問題ありません。

それではそれぞれの科目の勉強の仕方やおすすめの参考書を徹底解説いsていきます。

 

法律科目(憲法、民法、行政法)の勉強の仕方とおすすめの参考書はこれだ!!

公務員試験を突破するために法律科目は避けては通れない科目です。

公務員試験は法律を使って仕事をするので、法律科目の配点が高いのは当然かもしれませんね。

 

公務員試験の法律科目では次のような科目が出題されます。

専門試験の法律科目で出題される科目

  1. 憲法(国の行動を制限するための法律)
  2. 民法(民間人同士に適用する法律)
  3. 行政法(行政機関が守るべき法律)
  4. 労働法(労働者の利益を守る法律)
  5. 刑法(懲罰を伴う法律)

この中で勉強するべきは刑法以外の科目です。

なぜ刑法は勉強する必要がないのか?

それは難易度が高い割に配点が低いからです。

 

ですので、特に配点が高い『憲法と民法と行政法』とかなり簡単で勉強しやすい『労働法』を勉強していきましょう。

 

具体的には、
憲法、民法、行政法はガッツリ勉強し、
労働法は基本問題に絞ること。

このように勉強していきましょう。

 

この法律系の勉強は、憲法⇛民法⇛行政法の順番で勉強していきましょう。

憲法⇛民法⇛行政法という順番で勉強する理由は、

①憲法は初学者でも解きやすく問題が多く暗記することも少ないため法律に慣れるためにまずは憲法から学習するべきです。

②民法が最後の理由は「範囲」「難易度」がかなり多いからです。ですので最も簡単な憲法を学び法律の感覚を掴んだあと、民法を勉強するようにしましょう。

この記事では法律系の下記科目について解説していきます。

  1. 憲法
  2. 民法
  3. 行政法
  4. 労働法

 

憲法の勉強法とおすすめの参考書とは?

憲法は法律系で最も条文が少なく、なじみがある話が多いので、非常に勉強しやすい科目です。

初学者は憲法から勉強し、法律の感覚を掴んでいきましょう。憲法を勉強することで「法律の肌感覚」が分かるようになるはずです。

勉強の仕方は、いきなり過去問を問いていき、重要な判例を頭に叩き込んでいきましょう。

憲法はそれだけで合格点が取れます。

おすすめ参考書はスーパー過去問ゼミの憲法です。

憲法の効果的な勉強法はこちらの記事でも解説しています。

ぜひご覧ください。

↓ ↓ ↓

公務員試験の憲法で悩んでいるあなたへ。効率的に勉強を進める4つの方法を解説します。

 

民法の勉強法とおすすめの参考書はこれだ!!

続いて多くの受験生の心を折ってきたであろう科目がこの「民法」です。

民法とはザックリ言えば民民同士の利益調整の法律です。

この科目の難しさは「制度のわかりにくさよりも条文の多さ」にあります。

この民法を勉強する上で重要なこと。

それは全体の中での位置づけを意識しながら勉強することです。

民法はあらゆる単元が密接につながっているため、ある単元を勉強したらその単元が理解できるというものではなく、すべての単元を勉強してやっと全体が分かるようになるという科目です。

ですのでまずは、民法の全体的な感覚をつかむことを心がけましょう。

民法の勉強の仕方は次のとおりです。

①「民法は面白い」「日本一やさしい法律の教科書」「掃除雅彦の法律力養成講座」の3冊を1日で読み込んだあと、

②「スーパー過去問ゼミ」と「郷原豊成の民法まるごと実況中継」でそれぞれの章を理解していく。

というように勉強していきましょう。
(民法のところだけを見るようにしましょう。民法だけならそこまで量はありません。)

なぜ3冊追の本を読むべきなのか?

それは民法のゲシュタルト(全体構造)を作るためです。

ゲシュタルトとは木の幹と枝をイメージすれば分かりやすいでしょう。

「頭のいい人は全体構造を理解し、その構造に枝葉末節をくっつけていく。」というイメージで勉強していきます。

 

ですのでその全体構造を早くつかむために基本的な本を3冊程度読む必要があるのです。

民法の基本書を3冊読むべき理由は、違う筆者が違う切り口で民法を語っているからです。

それぞれ別の切り口で民法を勉強していくとより理解が深まるのです。

 
 
 

 

 

上記の基本書を読み込んだあと「スーパー過去問ゼミ」と「郷原豊成の民法まるごと実況中継」で勉強していきましょう。

民法を勉強する際に意識することは次の2点です。

①問題を暗記するのではなく、理解し知識を導き出すこと

②難解な表現は人の行動に変換すること

 

具体的な勉強法はこちらの記事で解説しているのでご覧ください。

↓ ↓ ↓

公務員の民法が苦手?初学者でも一瞬で2倍以上理解できる3つのコツを徹底解説。

 

行政法の勉強法とおすすめの参考書とは?

行政法はザックリいうと、国や県や市の活動のルールを定めた法律です。

この科目は体系的に一本芯が通っているので、全体像が見目れば理解しやすいです。公務員になってもこの行政法は必要なので今のうちにしっかりと慣れておきましょう。

行政法は「憲法に比べて難しい」と感じる人が多い傾向があります。
その理由は「概念が紛らわしく言葉が難しい」からでしょう。

初学者は「新谷一郎の行政法まるごと講義」と「スーパー過去問ゼミ」で勉強するようにしましょう。

行政法の具体的な勉強法はこちらの記事で解説しています。

ぜひご覧ください。

↓ ↓ ↓

行政法を効率に勉強したいなら読め!公務員試験を確実に突破するための3要素とは?

 

労働法の勉強は過去問だけでOK!!

労働法は地方上級で2題出題されていますが、国家一般職などでは出題されません。

この「労働法」の対策をしない受験生が多いですが「非常にもったい」です。
この科目は短期間で勉強しやすく、出題される問題も基本的なものが多いので、絶対に対策しておきましょう。非常にコスパがいい科目です。

参考書はスーパー過去問ゼミでOKです。レジュメを見て過去問を解くという流れで勉強していきましょう

 

経済学系(ミクロ・マクロ、財政学)の勉強の仕方とおすすめの参考書

経済原論は難解な用語や数式を使うのが特徴です。

ですので初学者(特に文系出身者)は難しく感じる人が多いですが、
一度理解すればかなり得点しやすい科目です。

ですので丸暗記ではなく、理解することを心がけて勉強していきましょう。

 

特に経済学は数式が使われるため、文系出身者は苦手な傾向がありますが、難しいからといって捨てるのは論外です。

経済原論はかなり出題されるので、この経済原論を捨てた瞬間、不合格に近づきます。

 

経済原論(ミクロ経済学・マクロ経済学)の勉強法とおすすめの参考書はこれだ!

参考書は「速習ミクロ(マクロ)経済学」と「スーパー過去問ゼミ」を使て勉強していきましょう。

ちなみにこの「速習ミクロ(マクロ)経済学」は解説の動画がついているので、理解できないところはポイントで使っていきましょう。

そこらへんの予備校講師より分かりやすいです。笑

経済系の具体的な勉強法はこちらの記事でも解説しています。

ぜひご覧ください。

↓ ↓ ↓

元公務員が徹底解説!なぜ経済学で9割以上の点数を取り続けることができたのか?

 

財政学の勉強法とおすすめの参考書はこれだ!!

財政学は予算制度や税制度、財政状況などが出題されます。

地方上級や市役所では約3問、国家一般職では5問出題されることが多いですね。

 

財政学は経済原論と範囲がかぶっているため経済原論を勉強したあとに勉強するようにしましょう。

おすすめの参考書はスーパー過去問ゼミです。

レジュメがうまくまとまっているので、暗記する時に便利です。スー過去を何度も繰り返し解きましょう。

 

特に財政制度に出題が集中しているので、そこを押さえておくべきです。

参考書は毎年2月に改訂版が出ているので、最新版を購入するようにしましょう。

財政学は最新のデータからの出題があるからです。

 

行政系(政治学・行政学)の勉強の仕方とおすすめの参考書はこれだ!

地方上級では2題ずつ出題される「政治学」と「行政学」。

両方とも暗記科目なのでゴリゴリとおぼえていけば解ける問題がほとんどです。

 

特に覚えるべきは「学者の名前」と「理論」ですね。

基本的な問題が解ければ十分合格できるので、基本問題に絞って対策していきましょう。

 

おすすめの参考書は「スー過去」と「行政5科目まるごとパスワードneo」です。

行政学と政治学は次のとおり勉強していきましょう。

  1. 「行政5科目まるごとパスワードneo」で軽く学ぶ。
  2. スー過去のレジュメを読みながら過去問を解いていきましょう。

出題は国家一般職は広く深く、地方上級は広く浅く出題されるため、ゴリゴリと暗記していけば問題ありません。

「スー過去」と「行政5科目まるごとパスワードneo」を何度も繰り返すだけで合格点がもぎ取れるはずです。

 

暗記しやすくするために「語呂」や全体の流れを理解しながら覚えることで、記憶の定着率がよくなるはずです。

次のページを参考にしておきましょう。(外部リンクです)

ゴロで覚える公務員政治学

政治学と行政学は暗記科目なので、試験終盤に勉強しましょう。

序盤に政治学を勉強しても忘れてしまうからです。

 

効率良く勉強するならこの5原則を意識しろ!!

「どうせ勉強するなら効率を求めたい」

そう考えるのは当然のことだと思います。

ですので

 

「超効率的に勉強ができるようになる方法」

 

をお伝えします。
(この方法を見つけるためにかなり時間がかかりました。勉強法の本を20冊以上読んだり、頭のいい人の分析をした結果まとめることができました。もし合格したらおごってください笑)

 

結論からお話すると、勉強する際は次の5原則を押さえておきましょう。

勉強をする際の5原則

①はじめは過去問から

②狭く浅く勉強する

③過去問を繰り返す

④知識のネットワークを構築する

⑤対話式勉強法

勉強する時はこの「5原則」を意識しましょう。この方法で勉強すると効率がかなり上がっていることを実感できるはずです。

元受験者が語る!絶対合格できる公務員試験の勉強法はこれだ!どうも。山辺です。 公務員試験を受験しよう!! そう思って公務員試験についていろいろ調べていくと、 「勉強する科目数が多すぎ...

 

またこの方法は化学的にも効果があると認められています。
(公務員試験界で有名な「正文化」はダメです。あの勉強法では頭がア○になります。)

勉強の本質をお伝えしましょう。

勉強を効率化するには「頭のいい人と同じ頭の使い方」をすれば良いのです。

聞かれたくないので小さな文字でお話しますが、ちまたの勉強法はテクニックにかたよっています。が、本質はそこではありません。

なぜかこのことをだれも指摘しません。

 

最近とあるテレビを見ました。

その番組では「東大合格者の勉強の仕方」を紹介していたのですが、東大に合格した人はそれぞれ違う方法で勉強していたのです。

「ノートをきれいに取る」VS「ノートは取る必要ない」

「参考書を読めばいい」VS「問題を解けばいい」

などなど・・・

それを見て思いました。

 

「やっぱり勉強方法は関係ないんだなと。」

 

賢い人はどのように勉強しても合格できるのです。

大切なのはテクニックではありません。

なんども繰り返しますが大事なのは頭の使い方です。

 

枝葉末節のテクニックはどうでもよく、
「頭のいい人と同じ頭の使い方」をすれば勉強なんて出来るのです。

 

そして、この5原則は、凡人が「頭のいい人と同じ頭の使い方」をするために考え出した方法なのです。

この5原則で勉強すると、パソコンが熱暴走を起こした時のように頭の回転が「グーン」と早くなっていることに気づくでしょう。

(最近は日々勉強することが求められるコンサルタントの本を何冊か読んだのですが、ほとんどがこれと似たような勉強法でした。)

 

公務員試験を突破するための必要な勉強時間について

公務員試験に突破するために

  • いつから勉強するべきなのか?
  • 勉強時間はどれくらい必要なのか?

についてお話していきます。

 

結論からお話すると、公務員試験に合格するために必要な勉強時間は「1000時間〜1500時間」です。

1年間勉強すると考えると一日3〜4時間、半年なら1日6〜8時間べんきょうしなければいけません。

「え、こんなに勉強しないと合格できないの?」と思ったかもしれませんが、合格したいなら本気で勉強するべきです。

 

甘い気持ちで受験しても合格できない!

 

ということを覚えておきましょう。

ここであなたに絶対に覚えておいて欲しいことがあります。

このサイトで何度も説明しているのですが、

公務員試験に合格するためには「確率をどれだけ上げられるか?」と捉えるようにしましょう。

「確率をどれだけ上げられるか」が重要なのです。

 

1500時間勉強したからといって合格できるわけではありません。。

ですが本気で努力すればするほど、合格できる確率が上がるのです。

勉強時間が少なくても合格できるかもしれませんが、かなり確率は低くなるので、
公務員試験を博打にしないためにも勉強量を確保することが重要です。

 

公務員試験に合格するための勉強時間や期間などについてはこちらの記事でも丁寧に解説しているのでご覧ください。

↓ ↓ ↓

経験者が語る??公務員になるために必要な勉強時間は○時間だ。効率的な勉強方法も徹底解説!!

公務員試験を受けるあなたへ。合格するための勉強期間と究極の対策方法を解説!

 

まとめ

今回は専門科目についての勉強方法やおすすめの参考書をお伝えしてきました。

ぜひこの記事を参考に勉強していきましょう。

 

公務員試験を突破したいならこの記事も読んでおきましょう。

↓ ↓ ↓

【公務員試験】合格するための勉強スケジュールの立て方と具体例を紹介するぜ!!公務員試験ってどれだけ勉強すればいいの・・・・ やっぱりスケジュールを立てたほうがいいかな?と考えているセンスのいいあなたへ。 大変...
絶対合格するために…公務員試験はいつから勉強するべき??元経験者が徹底解説公務員になりたい!! そう思い、公務員試験について調べているけど、 いつから勉強すればいいの? ということが分からないのではな...
山辺の「無料メール講座」のご案内

 

底辺大学から公務員試験を突破した、公務員試験を突破するためのメルマガ講座を作りました。

ぜひあなたの公務員試験の対策に役立ててください。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティのものをお送りしていますので。

 

具体的には次のようなことをお話しています。

面接官を洗脳して、高評価を得るあるフレーズの使い方とは?

「他人より理解力がかかる人」の根本的な原因とは?

一瞬で脳に焼き付け、2倍以上の効率で勉強する方法とは?

 

もしあなたが『本気で』公務員試験を突破したいなら必ず読んでおきましょう。

 

関連記事はこちら