勉強方法

半年で公務員試験に合格するためのスケジュール。ゼロから公務員になる方法を徹底解説。

他の人はもっと勉強しているのに不安だ。半年しか勉強できないけど本当に間に合うの?

「どうしても公務員になりたい!!」けど、あと半年しかないから不安だ。

という悩みを抱えているあなたへ。

あなたは、半年で公務員試験に合格出来るのかを調べるためにこのページに来たのでしょう。

 

結論からお話しましょう。

半年で公務員試験は合格できます。

しかし。

もちろん相当の対価を払わなければ合格できません。
もし、あなたが本気でなければ合格できないでしょう。

 

あなたがもし、本気で公務員試験を目指しており、平日は1日4時間以上、休日は8時間以上の時間が確保できるというなら、半年でも合格できる可能性があります。

しかし、「友達と遊ぶから1日2時間程度しか勉強できない。」「俺なら半年でも余裕だろう?」といった甘い考えが少しでもあるなら、私から何も言うことはありませんし、この記事はあなたにとって何の役にも立たないので、見ないでください!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

さて、ここまで読み進めているということは、あなたは本気で公務員試験に合格したいと考えていますね?

そのために勉強時間を惜しまない人ですよね?

 

分かりました。

この記事では、「本気で公務員になりたい!!」と考えているアナタのために、

半年で合格するためのスケジュールをお話していきます。

 

このとおりに勉強すれば、無事合格を掴み取れるでしょう。
(このとおりにするのが難しいのですが・・・笑)

 

大変だと思いますが、頑張りましょうね。

 

※この記事では半年の期間で、国家一般職、地方上級、市役所を併願で受験するためのものです。

 

もし教養試験の市役所のみを受験するなら、つぎの記事のほうが役に立つのでご覧ください。

https://katigumikoumuin.com/study/hantoshigoukaku/

 

 

半年で公務員試験に合格するためのスケジュールの流れ

 

半年で、公務員試験に合格するための、全体的なスケジュールとざっくりした勉強の仕方やオススメの参考書について説明していきます。

 

数的処理と文章理解は毎日しましょう。

まずは数的処理と文章理解は毎日勉強するようにしましょう。一日30分ずつ勉強すれば、半年後には得意科目になっているでしょう。

なぜこの科目は毎日するべきなのか?

この科目は慣れが重要だからです。

問題を毎日解くことで、解き方が感覚的に理解できるようになります。

数的処理に苦手意識を持っている受験生は多いですが、量をこなすことで、徐々にできるようになる科目なのです。

「理解できない!」「なぜそうなるのかが分からない!」という理由で、心が折れる人が続出する科目ですが、問題の解き方を暗記し、何度も繰り返すことで、瞬間的に解けるレベルまで持っていけるはずです。

理解できなくても後々理解できるようになると信じ、パターン暗記していきましょう。

原則毎日行う科目

  • 数的処理
  • 文章理解

 

数的処理と文章理解のオススメ参考書はこれだ!!

数的処理は「畑中敦子のザ・ベストプラス」のシリーズを使いましょう。

このシリーズは解説が分かりやすく、問題数を適度に絞っているので、復習が何度もしやすいのでおすすめしています。

文章理解は過去問があればなんでも構いません。

難易度は低いので高校受験でセンター試験を勉強していれば、問題ないでしょう。私はスーパー過去問ゼミで何度も問題を解いていきました。

もし英語が苦手なら、次の参考書で1日1章進めていきましょう。

 

公務員試験の英語は時事に関する英文が出題されますが、この「速読速聴・英単語Core」も時事に関連しているので、この本で単語を覚え直し、英語に慣れていけば、本番でも得点できるはず。

「英語が読めないから捨てる」という受験生が多いですが、英語の難易度は低いので、勉強しないのは論外です。

少し勉強すれば得点できる科目なので、対策しておきましょう。

最初の2ヶ月は公務員試験の重要科目を勉強するべし!!

次に公務員試験で重要科目と言われている、憲法、民法、行政法、ミクロ経済学、マクロ経済学の5科目について説明していきます。

なぜ重要科目なのかというと、配点率が非常に高いからです。
公務員試験の専門試験では、この重要科目の配点が5割以上を占めます。

つまりこの重要科目で合否が決まるといっても過言ではありません。

特に民法、経済学は抽象的な話が多く、学習範囲が膨大なため、心が折れる受験生が続出しますが、数的と同様、量をこなすことで理解が深まるタイプの科目なので、何度も繰り返し対策していきましょう。

「民法が苦手だから」「経済が苦手だから」という理由で、この科目を捨てる受験生が意外といますが、それはほぼ不合格を意味するのでやめておきましょう。

逆に言えば、民法と経済学を得意にできれば、周りのライバルより大きくリードできるということです。

民法と経済学は多くの受験生の心を折り、「こんな問題ができなければ公務員試験なんて合格できない・・・」と絶望し、試験を諦める受験生が跡を絶ちません。

心してかかりましょう。

専門試験について、おすすめの参考書と具体的な勉強の仕方はこちらのURLをごらんください。

https://katigumikoumuin.com/study/senmonbennkyou/

残りの4ヶ月で専門試験のサブ科目や時事、教養の自然科学と人文科学を終わらせよう

残りの3ヶ月で、次の科目を終わらせましょう。

残り3科目で勉強する科目

  • 政治学
  • 行政学
  • 財政学
  • 労働法
  • 時事問題
  • 自然科学
  • 人文科学

「え、3ヶ月でこの量は無理だ。」と思われたかもしれませんが、安心してください。

ここのポイントは「限りある時間で得点を稼いでいく」です。

そのため、次表の星部分に集中して勉強していきましょう。

出題傾向が高く、簡単な部分に集中して勉強し、それ以外のところは捨てて問題ありません。

スーパー過去問ゼミなら「基本問題」のみでOKです。応用問題は捨てましょう。他の受験生もそんな問題は解けません。

この科目の目標は、周りの受験生と同じ点数を取ることで構いません。

 

「重要科目で差をつけ、サブ科目は平均を取る」という戦力で戦うのです。

それが最も効率的な戦い方でしょう。

社会学、刑法、国際関係は配点が低いので捨てましょう。

他の受験生もこの科目は勉強せず、捨てることが多いため、勉強する必要はありません。
(そもそも半年では、この科目に手がまわらないと思います。)

おすすめ参考書や具体的な勉強の仕方は下記のページをごらんください。

https://katigumikoumuin.com/study/dokugaku/

 

半年の具体的なスケジュール

さきほどは、各科目の勉強の仕方やオススメ参考書、ざっくりした勉強のスケジュールについてお話してきました。

「だいたいの勉強の仕方がわかった・・・

けど、具体的にどのようなスケジュールで勉強したらいいか分からない。。。」

と思っていませんか?

 

分かりました。

私が実際に勉強したスケジュールを、次の表にまとめたのでご確認ください。

12月
  • 憲法
  • 民法Ⅰ
  • マクロ経済学
1月
  • 民法Ⅱ
  • 行政法
  • ミクロ経済学
2月
  • 政治学
  • 行政学
  • 財政学
  • 労働法
  • 時事問題

※基本問題&頻出事項のみ押さえること

3月〜4月
  • 人文科学
  • 自然科学
    ※基本問題&頻出事項のみ押さえること
5月
  • 過去問500で実際のテストに近い状況で解くこと
  • 論文対策
  • 面接の自己分析
6月
  • 今までの復習
  • 論文
  • 面接の準備

半年後に受験する場合、この予定で勉強を進めれば、問題ありません。

この予定を参考に、毎日の具体的なスケジュールを立てていきましょう。

スケジュールの立て方については次の記事にまとめているので、参考にしてください。

(スケジュール管理を工夫することが、勉強効率を上げる最も重要なポイントなので、あなたも押さえておきましょう。スケジュール管理の重要性について他の受験生は理解していないため、差をつけるチャンスです!

https://katigumikoumuin.com/study/gakusyuusukeju-rukannri/

もちろん、予定より早くできそうなら前倒しで対策していくべきです。
(後半は特にカツカツなので。)

 

効果的に勉強することを意識しなければ不合格が一気に近づく

先程は半年で合格するためのスケジュールについてお話してきました。

このスケジュールのとおりに勉強を進めれば合格ラインに持っていけますが、それだけでは100%の合格にはなりえません。

周りの受験生と同じスピードで勉強をしても勝てなわけないのですから、効率的にに勉強を進める方法を学びましょう。

 

では効率的に勉強を進めるにはどうすればいいのか?

 

記憶の仕方を工夫するべきです。

 

記憶は次の3つの変数で表せます。

記憶の3要素

記憶=繰り返し×整理力×想起力

ここで重要なのは、この3要素をすべてを高めていく必要があるということです。

多くの人は1つの要素しか意識しませんが、この全てを意識することで勉強効率が爆発的に上がります。

 

そのためには、

  1. 何度も繰り返して
  2. 記憶しやすく整理して
  3. 思い出すことを習慣化する

を工夫しなければなりません。

 

ではどのように勉強していけばいいのか?

この3要素についてそれぞれ説明していきましょう。

 

効率的な勉強法:①繰り返し

多くの人が勉強しても記憶に残らないのは、復習の仕方を間違っているからです。

 

あなたは「エビングハウスの忘却曲線」を知っていますか?

  • 20分後には42%忘れる
  • 1時間後には56%忘れる
  • 9時間後には64%忘れる
  • 1日後には67%忘れる
  • 2日後には72%忘れる
  • 6日後には75%忘れる
  • 31日後には79%忘れる

 

というやつです。忘れるんだから適度に復習しなけりゃ意味ないよ〜ってやつです。

 

心理学や勉強法の本を読んだことがあるなら、「聞いたことある!復習のタイミングが重要なんだよね?」と思うかもしれませんね。

 

しかし。

多くの人がこの忘却曲線の解釈を間違っているため効率的な勉強にならないのです。

エビングハウスの忘却曲線のとおりに勉強しても記録力は向上しません。

この点をなぜか指摘している人がいないのですが、これが真実です。
(おそらく、多くの人がエビングハウスが書いた本を読まず、引用されているものが広まっているからだと思われます。)

だから、忘却曲線どおりに復習しても定着しないのです。
(極端に頭がいいやつなら別ですが・・・)

そもそもエビングハウスの実験は、無意味な3文字の塊を20セット暗記するというものでした。

つまり、この3文字を暗記して、時間の経過とともにどれだけ忘れてしまうのか?という実験だったのです。

 

ですが、脳にはもう一つの特性があります。

それは記憶の干渉というものです。

この記憶の干渉をザックリいうと、

1日の記憶量が増えれば増えるほど、記憶同士が干渉し、記憶効率が悪くなるというものです。

つまり似たような知識を詰め込むと、忘れやすくなるとうことです。

公務員試験は膨大な知識を詰め込む必要がありますが、そうすると記憶の干渉が起こり、知識を忘れやすくなるため、エビングハウスの忘却曲線のとおりの復習回数では覚えきれないのです。

暗記量が多ければ多いほど、復習回数を多くしなければなりませんが、多くの人がこのエビングハウスの忘却曲線のとおりに復習するので、知識が定着せず、何度もおなじ間違いを犯すのです。

 

記憶の干渉に対処するには、復習回数を多くするしかありません。
ほとんどの人は復習回数が少なすぎ。もっと復習の数を増やしましょう。

私が受験生の時は過剰に復習していました。

新しい範囲を勉強したら5日連続で復習し、一週間ごとに復習するようにしていたのです。

 

「え?そんなに復習したら先にすすめられないじゃん。」と思いましたよね?

そのとおり。

そんな回数復習したら、新しい範囲の勉強ができませんよね。

 

私は他の人とまったく違う復習の仕方をしていました。

ポイントは「ただ眺める」ということです。

つまり問題を解かず、「こういうこと書いてあったな〜」という感じで何度も目に通すようにしたのです。

 

人間の脳は不思議なもので、ボーッと何かを考えながらでも、何度も目に通すことで、いつの間にか記憶ができるのです。

つまり暗記は、質ではなく量が重要ということです。

 

私は小学生の時、掛け算の暗記が苦手でした。

確か小学二年生の時だったと思いますが、私は7の段を全く覚えられませんでした。
何度も何度も唱えても全然覚えられませんでした。

明日は発表会。

みんなの前でそれぞれが九九を発表しなければなりません。

ですが、全然覚えられない・・・

 

そんな時、母親が新たな勉強の仕方を教えてくれたのです。
それはカセットテープに7の段を吹き込んで、それを永遠と聞くというものです。

ですが、私はその勉強法をあまり信用していませんでした。

前日になっても全然覚えられなかったので、

「九九を覚えるのは諦めよう!」

と思い、半ば投げやりになってゲームを開始したのです。

ただ、親に文句を言われたくないので、その7の段のカセットを流しながら、その日はゲームをしたのでした。

そして次の日の九九の発表会。

私は諦めていたので全く勉強せずにその発表会に臨みました。

・・・その時驚くことが起こったのです。

何度やっても覚えられなかった7の段が一発で言えたのです。私は諦めていたのでびっくりしました。

よーく考えるとそのカセットテープを何度も聞くことで、リズムが体に記憶されていたのです。

 

そのストーリーからも分かるとおり、暗記で意識するべきは質ではなく「量」です。
何度も眺めることで、潜在意識が勝手に暗記してくれるのです。
(人の名前を覚えるのが苦手な人も量をこなせば忘れないですよね。)

効率的な勉強法:②記憶の整理

なぜ同じ時間勉強しても、出来る人と出来ない人がいるのか?

その理由は頭の使い方が違うからです。

「頭のいい人が勉強の際に無意識に思考していること」を言語化し、凡人でも頭のいい人と同じような脳の使い方でできるようになれば、勉強の効率は飛躍的に上がります。

https://katigumikoumuin.com/study/kouritu5gensoku/

ポイントは頭の使い方なのです。

多くの人は「勉強が出来ない=才能がない」と勘違いしていますが、それは頭の使い方が違うからです。
(そもそも脳の構造は一部の天才を除きほとんど同じです。大事なのは勉強している際に、何に焦点を合わしているか?ということなのです。)

そしてその頭の使い方は才能ではなく「日頃からどうように考えているか?」という技術であり、テクニックです。

つまり慣れることで頭の使い方は向上するということです。

 

多くの人はこのような本質を理解しようとせず、小手先のテクニックで勉強効率をあげようとするから失敗するのです。

あなたも頭の使い方を変えるよう意識しましょう。

このスキルを使うことで頭の回転が早くなるため、面接やグループ・ディスカッションだけではなく、実際の仕事でも非常に役に立ちます。

 

効率的な勉強方法:③想起力

③については勉強方法を工夫しましょう。

インプットだけではなく、アウトプットを行うのです。

私は、参考書の目次を携帯に撮っておき、その目次のキーワードを見ながら

  • 関連する重要概念はなんだったか?
  • そもそもなぜそのような概念があるのか?

などをマインドマップ上に書き出しながら思い出すということを、スキマ時間に何度もしていました。

 

ポイントは「思い出す」ということです。

多くの人がたくさん勉強しても、試験などで力を発揮できないのは、本や参考書を読むだけのインプットしかしていないからです。

 

そもそも「記憶力に自信がない・・・」という人のほとんどは、「覚えていない」と思っていますが、本当は「覚えたものをどこにしまったのかが分からない」から思い出せないのです。

ですから、この思い出す力を向上させることで、適切な知識を引っ張り出せることができるようになります。

つまり「思い出す」ことを習慣化することで、「思い出す」筋肉が徐々に強くなり、適切な知識を引っ張り出せるようになるため、記憶力が向上するのです。

 

まとめ:時間がない!!さっさと勉強しよう!!

冒頭でお話しましましたが、あなたが本当に公務員になりたいと思っているならさっさと勉強を初めましょう。

多くの受験生が1年間かけて勉強することを、半年でこなさなければいけないので、一刻の猶予もないはずです。

 

公務員試験に合格できるかどうかは、

  • あなたがどれだけ今の仕事をやめたいか?
  • そしてどれだけ公務員になりたいか?

という気持ちがどれだけ強いかで決まります。

 

もし、あなたが公務員試験は諦めよう!と思ったとしても、それはあなたの人生ですから構いません。
そのままの生活を死ぬまで続けてください。

 

ですが、もし本当に人生を変えたい、今の生活が嫌だ、という気持ちがあるなら、自分の人生を変えるために、一歩踏み出しましょう。

その一歩一歩を重ねることでしか、自分の人生を変えることはできないのです。

人生とは自転車のようなものだ。

倒れないようにするには走らなければならない。

アインシュタイン

 

追伸:

公務員試験に絶対に合格したい!!

そんな意識の高い人向けに新しい企画を作りました。

無料で参加できますので、こちらのページを読んでおくことをおすすめしておきます。

 

たった5分であなたの価値観がガラガラと崩れるでしょう。

大手予備校などでは絶対に話せない内容を話しているので。

 

こちらをよむことで、公務員試験の本質が理解できるため、

飛躍的に合格率を高める事

ができるでしょう。

 

このポイントを押さえないまま試験に臨むと、合格できないかもしれませんよ。

無能から公務員試験に合格した対策方法を無料公開中!

 

山辺の「無料メール講座」のご案内

 

底辺大学から公務員試験を突破した時に私が、
実際に公務員試験に合格した際に役に立ったノウハウや知識、思考法を伝承するため、
公務員試験を突破するためのメルマガ講座を作りました。

メルマガでは合格に必要な思考法や戦略などをお話しています。

それらを一つずつ実践していくことで、あなたの公務員試験の戦闘力は向上するでしょう。

 

ぜひあなたの公務員試験の対策に役立ててください。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティのものをお送りしていますので。

 

具体的には次のようなことをお話しています。

  • 理解力を上げるための魔法のThree Question」と対話式勉強法とは?
  • 麻薬中毒者に学ぶ爆発的なモチベーションを維持する方法
  • 脳科学の観点から分かる頭の良い人と悪い人の違いとは「ゲシュタルトが構築出来るかどうかで決まる?」
  • 記憶術の秘密は桃太郎にあった?99%の受験生が勘違いしている、超効率的な記憶の仕方とは?
  • 同じ授業を受けても、なぜ成績が伸びる人といない人の差が生まれるロジックと大谷翔平の共通点
  • セブンイレブンも実践した経営戦略を公務員試験!最短距離で公務員試験を攻略することができます。
  • スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションを応用し、面接官が感動するような人間になるために最も重要な脳力とは?
  • 年収3億円の経営者から学んだ才能・自己分析の正しい使い方とそれを面接に活かす魔法のテンプレートとは?

 

もしあなたが『本気で』公務員試験を突破したいなら必ず読んでおきましょう。

 

 

追伸:

公務員試験に絶対に合格したい!!

そんな意識の高い人向けに新しい企画を作りました。

無料で参加できますので、こちらのページを読んでおくことをおすすめしておきます。

 

たった5分であなたの価値観がガラガラと崩れるでしょう。

大手予備校などでは絶対に話せない内容を話しているので。

 

こちらをよむことで、公務員試験の本質が理解できるため、

飛躍的に合格率を高める事

ができるでしょう。

 

このポイントを押さえないまま試験に臨むと、合格できないかもしれませんよ。

無能から公務員試験に合格した対策方法を無料公開中!

 

関連記事はこちら