面接対策

公務員試験の面接で落ちる人の共通点とは?⇛ゼッタイに合格できません。

接試験でどのような対策をすればいいか分からないあなたへ。

 

面接ってどうやって対策すればいいかわからないですよね。

 

筆記試験とは違い答えが1つではないので、

  • 何をすれば高得点になるのか?
  • 何をすれば不合格になるのか?

が決まっているわけではありません。

 

だから面接対策は難しいといえるのでしょう。

 

実際、予備校や講師によって、面接の対策の仕方が違います。

ですから面接対策の仕方が分からない!という悩みを持つのは当然でしょう。

 

実際、私が受験した時も

  • 面接ではどんなところを気をつければ良いんだろう・・・
  • 何をしたら不合格になってしまうんだろう・・・

と不安になったのを覚えています。

 

ですが安心してください。

 

公務員試験の面接を突破する上であるポイントを押さえれば、最短距離で合格を掴み取れるはずです。

 

ではそのコツとは何でしょうか?

「不合格になってしまう穴を確実に避ける」ことです。

一発で不合格になるポイントを避ければ、それだけでトップ数%になれるのです。

 

公務員試験を受験する人は面接が苦手な人が多いため、面接の作法が分かっていないひとがいます。

ですから一発で不合格になる地雷を踏み抜いてしまうのです。

 

ですから公務員試験に合格できる人は勝ち組、負け組が明確にあるのです。

つまり、「複数の内定をもらうという人がいる一方、合格できない人は全滅する。」ということが起こりうるのです。

 

良いですか?

 

公務員試験の面接で合格したいなら、不合格者に共通する負けパターンを避けることが、最優先でするべきなのです。

その部分に少しでも該当すると一気に不合格になる可能性が高まります。

 

この記事を参考に不合格になる芽をつんでおきましょう。

そうすることで、面接の合格率が飛躍的に高まるはずです。

 

 

Contents

面接で不合格に直結する5つのパターン

公務員試験の面接で合格を勝ち取るためにするべきこと。

それは減点される部分を減らすことです。

 

多くの人は得点を重ねようとしますが、

重要なのは「どれだけ減点を避けられるか?」ということです。

これだけで合格できるのです。

 

なぜならば、公務員試験の面接の倍率は「2〜3倍」と低く、周りの受験生の面接のレベルが低い傾向にあるからです。

ですから自滅しなければ、それだけで合格できる確率が高まるのです。

ですからまず合格を勝ち取るためには、この減点ポイントをを避けることを考えましょう。

 

受験生
受験生
じゃーその不合格者に共通するポイントって?

具体的には次の5つのポイントを意識しておきましょう。

面接で不合格者に共通する5つのポイント

1.悪印象につながるふるまいをするな。

2.身だしなみで悪印象を与えるな。

3.面接でのマナーを確認しておけ。

4.コミュニケーション力をアピールしろ。

5.ありきたりな志望動機を書くな。

この5つのポイントのどれかに該当してしまえば、一気に不合格になります。

 

ですからもし自分ができていない箇所があるなら、必ず対策しておきましょう。

 

それではそれぞれ解説していきます。

面接で不合格に直結するパターン
1.悪印象につながるふるまいをするな。

面接で最も重要なのは第一印象です。

この第一印象で、面接の合否が決まるといっても過言ではありません。

 

なぜいか?

面接官に良い印象を与えれば、後の言動が多少悪くても「この人は緊張しているからミスをしたのだろう!」と好意的に思われます。

 

逆に悪印象につながる話し方をしてしまうと、

「この人は緊張云々の前に社会人としての振る舞いができていない。」

と思われてしまいます。

その結果、合格する可能性は一気に低くなります。

 

ですから第一印象が後の結果を左右するといっても過言ではありません。

 

 

では「良い第一印象を与えるために」どのような立ちふるまいをすればいいのか?

ここで重要なのは堂々と話すことです。

このような話し方ができれば、面接官はあなたのことを「合格に値する人間」と評価するはずです。

 

とはいってもあなたはこのように思ったのではないでしょうか。

「確かに堂々と話すことは大事なのは分かった。けど面接はただでさえ緊張するのに、堂々と話すことなんてできないよ・・・」と。

ご安心ください。

ある工夫をすれば周りから「堂々と話している」「オーラがある」と思われるようになります。

 

私は多くの受験者を分析した結果、次の6点を注意すれば、かなり印象が良くなることに気がつきました。

その6つのルールとはこれです。

面接で好印象を与える6つのゴールデンルール

  1. ゆっくり話す
  2. 大きな声で話す
  3. 体はゆっくり動かす
  4. 笑顔は過剰に
  5. オーバーリアクション
  6. 相手の目を見て話す。

このルールを意識して面接すれば、他の受験生とは違うオーラを持てるようになります。

その結果、面接官の記憶に残る可能性が高まります。

 

ですからこの6つのゴールデンルールは必ず練習しておきましょう。

 

それでは面接で好印象を与える6つのゴールデンルールについて、それぞれ説明していきます。

 

面接で好印象を与えるゴールデンルール】
①ゆっくり話す

あなたは緊張した時に早口になってしまうことはありませんか?

 

もし、早口で話してしまう癖があるなら、面接ではかなり不利になります。

主な弊害は次のとおりです。

①早口は聞き取りにくい

緊張して早口になると、何を言っているのか分からないため、悪印象に繋がるので注意しましょう。

どれだけ良いことを話しても、早口で聞きとりづらければ、あなたの言葉は面接官に届かないため、採用に繋がりません。

 

②早口で話すと自信がないと思われる。

ゆっくり話すことで落ち着いた印象を与えることができるので、面接官に「しっかりと考えながら話しているからしっかり仕事をしてくれそう。」という良い印象に繋がります。

大事なのはゆっくりと、噛み締めながら話すということです。

そのように話すことで自分の意見をまとめながら話す事ができますし、しっかりと考えて話しているという印象を与えることができます。

 

面接では早く話すことはかなりのマイナスポイントになるとうことを押さえておきましょう。

堂々とした印象を与えるためには、ゆっくりと話すことを心がけるべきです。

 

面接で好印象を与えるゴールデンルール】
②大きな声で話す。

ほとんどの受験生は面接で緊張すると、声が小さくなる傾向があります。

本番では慣れない質問をされるため、その不安から声が小さくなってしまうのでしょう。

 

ですがボソボソと小さい声で話してしまうと、自信がないように見えます。

このような話し方をしてしまうと、面接官から

「この受験生は本当に働けるのか?

もし外部の人とコミュニケーションを取る場合、問題があるのかも・・・・」

と思われてしまう可能性があります。

そうすれば合格は遠のくでしょう。

 

面接官は「正しいことをボソボソと話している受験生」より、

「間違っていても大きな声でハキハキと話している受験生」に好印象を感じるものです。

 

声の大きさを意識することで、面接官があなたに感じる印象が変わります。

大きな声で話すことで、発言に説得力が増し、自信や余裕があるという印象を与えることができるようになるのです。

意外とこういう印象は合否につながるので意識しておきましょう。

 

面接で好印象を与えるゴールデンルール】
③体はゆっくり動かす

面接では体をゆっくりと動かすことを心がけましょう。

 

特に話を聴く場合、目線はゆっくり、相手を見ることを心がけるべきですね。

 

落ち着きがないような振る舞い(キョロキョロしてしまう、手が無駄に動いてしまうなど)をしてしまうと、「こいつ大丈夫か?」と思われてしまうでしょう。

 

体や目はゆっくり動かすようにしましょう。

キョロキョロと小刻みに動いてしまうと、不安そうに見えてしまいます。

言動をゆっくりすることで、面接官に「落ち着きがある」「自信がありそうに見える」という良い印象を与えることができます。

 

面接で好印象を与えるゴールデンルール】
④笑顔は過剰に

面接で良い印象を与えるには、笑顔はとても重要です。

ほとんどの受験生は緊張のあまり真顔で話す人がいますが、そのような話方ではその人らしさや人懐っこさが伝わりません。

あまりにも笑顔がないと、「こいつは人とコミュニケーションを取るのが苦手なのか?」と思われる可能性があります。

 

ですのでニコニコしながら面接をすることを心がけましょう。

緊張するのは分かりますが、面接官も緊張しているのです。

そのような状況の中、あなたがニコニコしていれば、それだけで面接の空気が良くなります。

 

笑顔についてですが、次の点を意識しておきましょう。

  • 面接官が笑ったら笑顔で返す
  • 入室時に笑顔で挨拶をすること。

第一印象で笑顔を印象付ければ、明るい、元気が良いというプラスの印象を与えることができます。

必ず対策しておきましょう。

「一緒に働きたい!!」と面接官に思われれば、合格は一気に近づきます。

面接で好印象を与えるゴールデンルール】
⑤オーバーリアクション

面接官にとって面接というのは新たな仲間を見つける場所です。

そのため、面接官に「こいつと一緒に働きたい!!」「こいつは上司と上手くやっていけそうだ!!」と思われなければいけません。

では一緒に働きたいと思われるにはどうすればいいのか?

 

そのコツとは「オーバーリアクション」です。

面接官からの質問や面接官の話にリアクションを大きくすること。

そうするだけで面接の雰囲気がかなり良くなります。

 

話をしっかりと聞いていることが伝わるため、話が弾むようになるのです。

 

多くの受験生はリアクションが小さすぎるため人間味を感じません。

面接官と会話しているのに、リアクションが小さければ、あなたという人間性は伝わらないのです。

 

高評価をもらうには親しみやすさをアピールすることも重要なのです。

 

多くの受験生は緊張のあまり、面接官との会話を楽しむということを忘れてしまう受験生が後を絶ちません。

面接は面接官との会話を楽しむ場所と心がけておきましょう。

そうすれば、面接官はあなたを採用したくなるはずです。

 

面接で好印象を与えるゴールデンルール】
⑤相手の目を見て話す

面接では相手の目を見て話すことは重要です。

特にコミュニケーション能力が低い人は、目を見て話すことに苦手意識がある傾向があります。

ですのでもし「自分はコミュニケーションが得意ではない・・・」と自覚があるなら、このポイントは特に気をつけておくべきですね。

 

人の目を見て話をしなければ、熱意や自信は伝わらないのです。

 

ちょっと考えてみてほしいのですが、真面目な話をしているのに、目を見て話をしてくれなければ、熱意や自信が伝わらないですよね?

「こいつ大丈夫か?」と思われてしまうはず。

このように思われないためにも、人の目を見て話すことを心がけましょう。

 

面接で不合格に直結するパターン
2.身だしなみで悪印象を与えるな。

面接では第一印象が大事ですが、身だしなみは特に重要です。

いくら受け答えがしっかりしていても、身だしなみがダメなら合格することは難しいでしょう。

身だしなみで注意するべきは次の3点です。

身だしなみで気をつけるべきポイント

①体臭がきつい

口や体は必ず意識しましょう。

公務員試験は夏に行われることが多いので、汗などの匂いも悪評価につながる可能性があるので、ボディーペーパーなどを使うべきです。

 

②髪の毛がボサボサ

髪の毛は清潔感を心がけておきましょう。
「一緒に働きたいか」を判断する面接では清潔感はとても重要です。

髪を伸ばしっぱなしは論外です。

整えておきましょう。

 

③服装がルーズ

服装では次の点を意識しておきましょう。

  • サイズが合っていないスーツを着ている(サイズが合っていないスーツはダサく、仕事がデキるように見えないため。)
  • クールビズの支持があれば、支持に従うこと。
  • ネクタイが歪んでいる。
  • 靴が汚れている。
  • スーツにシワがある。

身だしなみに気を使うのは社会人のマナーです。

どんなに優れた発言をしていても、身だしなみができていなければそれだけで落とされることがあるので、必ず押さえておきましょう。

 

面接で不合格に直結するパターン
3.面接時の具体的なマナーを押さえておけ。

面接では基本的なマナーは守らなければいけません。

このようなマナーを守れなければ、良い印象を与えることができないでしょう。

 

そもそも面接試験は人柄や話す内容だけでなく、外見や立ちふるまいなども評価の対象になっています。

 

特に注意するべきは次の3つです。

面接時に押さえておくべきマナー

①入室・退出時のマナー

②面接時のマナー

それではそれぞれ説明していきます。

 

面接で押さえておくべきマナー
①入室・退室時のマナー

まずは入室・退室時のマナーについて説明していきます。

ここで重要なのは「動作を1つ1つ丁寧に行う」ということです。

扉を開けながら「失礼します」と挨拶したり、扉を占めながらお辞儀をするなど、適当にするのではなく、1つ1つの動作を丁寧にこなすことは大前提です。

 

ちなみに入室時のマナーは、次のステップで対応しましょう。

入室の具体的なステップ

①扉を3回ノックする

②「どうぞ」という声を聞いた後、「失礼します」と言って入室

③入室後、扉に向いて両手でしずかに扉を閉める。

④面接官に軽く一礼する

⑤所定の椅子の横まで歩く

⑥一礼し、受験番号と名前と挨拶(よろしくおねがいします。)をする。

⑦話すときは笑顔を意識。

ここでは笑顔を心がけましょう。この瞬間が第一印象を決める。

⑧おかけくださいと言われた後、失礼しますと答える

退室の具体的なステップ

①最後の質問が終わったら席を立ち、「ありがとうございました!!」と言って一礼する。

②扉まで進む

③面接官を向いて、失礼しましたと言う

④できるだけ、面接官にお尻を向けないように扉を空ける

⑤しずかに扉を閉める。

このステップを意識しておけば、減点されることはありません。

何度も練習して、ミスが無いようにしておきましょう。

 

面接で押さえておくべきマナー
②面接中に意識するきマナー

次に面接時のマナーについて説明していきます。

面接時のマナーでは次の3点を意識しましょう。

面接中に注意するべきポイント

①座った時の姿勢

②言葉遣い

面接中に注意するべきポイント:①座った時の姿勢

面接はほとんどの場合、座って行います。

ですがこの座り方がだらしないと、悪い印象を与える可能性があります。

 

特に座り方についてはきちんとチェックしておきましょう。

  • 背筋を伸ばして姿勢良く座るようにしましょう。
  • 手は軽く両膝に乗せておくこと。
  • 椅子に深く腰掛けないこと。
  • 足を前後に出さないようにすること

 

面接中に注意するべきポイント:②言葉遣い

言葉遣いや受け答えの仕方で、面接の印象が良くも悪くもなります。

社会人として働く場合、話し方のマナーが悪いと、どんなに良い発言をしても合格することは難しくなります。

受験生でよくするミスをリストアップしておきます。

自分もこのミスをしていないかを必ずチェックしておきましょう。

  1. 一人称はわたしを使うこと。
  2. 文末は「です」「ます」の丁寧語を使うこと。。
  3. 相手先を地方公務員なら〇〇県庁、〇〇市役所、国家なら貴庁と呼ぶこと。
  4. 尊敬語や謙譲語を使い分けること。

この点を意識しておけば、減点されることはないはずだ。

 

面接で不合格に直結するパターン
4.コミュニケーション力が低いふるまいをするな。

社会人が仕事をする上で受験生に求める最も評価される項目は「コミュニケーション能力」でしょう。

 

そもそも仕事というのは人とするもの。

コミュニケーション能力があれば、円滑に仕事を回すことができますからね。

だから採用する上で、コミュニケーション能力を重要視しているのでしょう。

 

ですがこの「コミュニケーション能力」って一体何なの?と思っている人も多いハズ。

結論からお話しましょう。

社会人に必要なコミュニケーション能力とは次の2つに別れます。

コミュニケーション力をアピールするべきポイント

①相手の話しを理解しているか?

②的確に自分の意見や考えを伝えることができるか?

つまりこの2つのポイントをアピールすれば、あなたはコミュニケーション能力が高いと思われます。

 

それではそれぞれ説明していきます。

コミュニケーション力をアピールするべきポイント
②相手の話を理解しているか?

面接官は受験生の理解力をチェックしています。

話している意図を理解できるのか?を見ているのです。

ですが安心してください。

面接ではほとんど同じ質問がされます。

ですから、面接でされる質問をあらかじめリストアップし、どのように答えるのかを準備しておくことで、ある程度は対策できるはずです。

 

詳しくはこちらのページで徹底解説しているので確認しておきましょう。

公務員試験の面接で押さえるべき17個の質問と合格する答え方はコレだ。

 

コミュニケーション力をアピールするべきポイント
③的確に自分の意見や考えを伝えることができるか?

面接官が受験者を面接する上で、「この受験者はダメだな・・・」と思うポイントがあります。

それは「簡潔な回答ができない」ということです。

つまり、自分の意図する話を相手に誤解なく伝える能力です。

 

もしわかりやすく話すことができなければ「この受験生はコミュニケーションに難あり」と思われるため、合格が遠のきます。

 

ではどのようなことを意識すればいいのか?

重要なのは「論理」です。

論理的に話すことができれば、必然的に分かりやすい話し方になります。

 

受験生
受験生
でも、論理的に話すっていうのは難しいんだよな・・・・

とあなたも不安を感じているかもしれませんね。

 

ご安心ください。

この論理的に話すためにはあるコツがあります。

このコツを少し意識すれば、誰でも簡単に論理的な会話ができるようになるのです。

 

論理的に話すためには、次の3点を意識しながら話すようにしましょう。

ロジカルトークで話す3つの理由

  1. Point:主張
  2. Because:理由
  3. Example:例

この3要素を含めて話すことができれば、面接官はあなたのことを「コミュニケーション能力ががある」と評価することでしょう。

 

例えば自己PRなら次のように発言していきましょう。

私は〇〇には自信があります。その理由は〇〇。実際アルバイトの時・・・。

面接官の質問には次の3要素を意識しておきましょう。

そうすれば、説得力のある発言ができるようになります。

面接で不合格に直結するパターン
5.志望動機はありきたりな内容にするな。

面接で必ず聞かれるのがこの志望動機。

この志望動機を聞く理由は次の2つです。

①本気で志望している?

志望動機は本気度や強い意志を確認するため、志望動機を聞いています。

②仕事を理解している?

志望先の仕事について的はずれな志望動機を伝えてしまうと、熱意が疑われてしまいます。

面接官に熱意の伝わらない志望動機を伝えてしまえば、あなたを採用する優先順位はどうしても落ちてしまいます。

適当な志望動機というのは面接官に必ずバレてしまいます。

どうせ安定したいから公務員になりたいんだろう・・・と思われてしまうのです。

 

面接官はこのような消極的な理由で志望している受験生に良い評価を下しません。

自分のやりたいことの延長線上にある受験生を優先的に採用しようとするのです。

 

この志望動機は合格するために非常に重要な要素です。

必ず対策しておきましょう。

 

ちなみに面接官が納得する志望動機についてはこちらのページで解説しています。

ぜひご覧ください。

なぜ、公務員になりたいの?という質問に答えられないあなたへ。

 

まとめ

この記事では公務員試験の面接で不合格パターンについて説明していきました。

  • 公務員試験の面接で不合格になるパターンは?
  • 自信を見せるための5つのゴールデンルール
  • 気をつけるべき身だしなみのポイント
  • 具体的な入退室のマナー
  • コミュニケーション能力をアピールする方法

 

この記事を読んで合格を勝ち取ってくださいね!!

面接で合格したいなら他の記事も読んでおきましょう。

市役所の面接で落ちたとなる前に…不合格者に共通する7つの理由を徹底解説

元合格者が解説。市役所の面接試験に合格した際に対策したことを一覧にまとめてみた。

合格者が暴露!!市役所の面接試験で聞かれる質問と高評価の答え方とは?

追伸:

公務員試験に絶対に合格したい!!

そんな意識の高い人向けに新しい企画を作りました。

無料で参加できますので、こちらのページを読んでおくことをおすすめしておきます。

 

たった5分であなたの価値観がガラガラと崩れるでしょう。

大手予備校などでは絶対に話せない内容を話しているので。

 

こちらをよむことで、公務員試験の本質が理解できるため、

飛躍的に合格率を高める事

ができるでしょう。

 

このポイントを押さえないまま試験に臨むと、合格できないかもしれませんよ。

無能から公務員試験に合格した対策方法を無料公開中!

 

山辺の「無料メール講座」のご案内

 

底辺大学から公務員試験を突破した時に私が、
実際に公務員試験に合格した際に役に立ったノウハウや知識、思考法を伝承するため、
公務員試験を突破するためのメルマガ講座を作りました。

メルマガでは合格に必要な思考法や戦略などをお話しています。

それらを一つずつ実践していくことで、あなたの公務員試験の戦闘力は向上するでしょう。

 

ぜひあなたの公務員試験の対策に役立ててください。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティのものをお送りしていますので。

 

具体的には次のようなことをお話しています。

  • 理解力を上げるための魔法のThree Question」と対話式勉強法とは?
  • 麻薬中毒者に学ぶ爆発的なモチベーションを維持する方法
  • 脳科学の観点から分かる頭の良い人と悪い人の違いとは「ゲシュタルトが構築出来るかどうかで決まる?」
  • 記憶術の秘密は桃太郎にあった?99%の受験生が勘違いしている、超効率的な記憶の仕方とは?
  • 同じ授業を受けても、なぜ成績が伸びる人といない人の差が生まれるロジックと大谷翔平の共通点
  • セブンイレブンも実践した経営戦略を公務員試験!最短距離で公務員試験を攻略することができます。
  • スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションを応用し、面接官が感動するような人間になるために最も重要な脳力とは?
  • 年収3億円の経営者から学んだ才能・自己分析の正しい使い方とそれを面接に活かす魔法のテンプレートとは?

 

もしあなたが『本気で』公務員試験を突破したいなら必ず読んでおきましょう。

 

 

追伸:

公務員試験に絶対に合格したい!!

そんな意識の高い人向けに新しい企画を作りました。

無料で参加できますので、こちらのページを読んでおくことをおすすめしておきます。

 

たった5分であなたの価値観がガラガラと崩れるでしょう。

大手予備校などでは絶対に話せない内容を話しているので。

 

こちらをよむことで、公務員試験の本質が理解できるため、

飛躍的に合格率を高める事

ができるでしょう。

 

このポイントを押さえないまま試験に臨むと、合格できないかもしれませんよ。

無能から公務員試験に合格した対策方法を無料公開中!

 

関連記事はこちら