論文

【公務員試験】論文って何で書くべき?ボールペン?鉛筆?シャーペン?

「筆記試験は鉛筆で解くけど、論文試験でも鉛筆で書くべき?」と悩んでいる人は多いですよね。

私も

やまべ
やまべ
論文試験の筆記用具って何がいいの?鉛筆?それともシャーペン??

結局何が正しいの?

と悩んでいました。

あなたも「論文試験をあんまり受験したことがないので何が正解なのか分からない。結局筆記用具は何を使えばいいんだ?」と悩んでいることでしょう。

ご安心ください。

この記事では、何を使って論文を書いていくべきなのか?についてお話していきます。

それではまいりましょう。

結論:論文って何を使って書けばいいの?

論文って何を使えばいいのか?

結論からお話すると「シャーペン」を使って書くべきでしょう。

論文の試験の概要について確認しておくべきですが、特に規程がなければ、論文は「シャーペン」を使うべきですね。

鉛筆で書くと、芯が折れて太さが変わるので、採点者は非常に読みにくいと感じるでしょう。また、多くの人は鉛筆よりシャーペンに使い慣れてますよね。

鉛筆とシャーペンで論文の点数はぶっちゃけ変わらないので、使い慣れているシャーペンをつかったほうがいいでしょう。

裁判所職員の論文は、ボールペンで書かなければいけませんので、気をつけましょう。
(ちなみに
鉛筆やシャーペンは使用不可なのは裁判所職員の試験だけです。)

もし、あなたが裁判所職員を受験する場合、ボールペンで書くことにになれておきましょう。もちろん修正液等は使用できませんので、二重線を引くなどの論文の使い方を復習しておいたほうがいいでしょう。

 

薄いシャーペン、鉛筆を使うな!!

薄いシャーペンや鉛筆を使った論文は、採点者の印象が悪くなる可能性があるので気をつけましょう。

なぜか。

採点する際、論文用紙をコピーして2〜3人の人が評価するのですが、薄い文字はコピーをすると非常に読みにくなる可能性があります。

読みにくい論文は、採点者が「イラッ」としてしまうため、評価が厳しくなる可能性が高くなります。

筆圧が薄い人は特に濃い筆記用具を使うべきでしょう。具体的にはB〜2Bくらいのものを使うようにしておきましょう。

濃いシャーペンを使ってキーワードを目立たせるのはあり!!

論文の採点者は、現場の職員が採点している場合がほとんどです。

そのため、印象というのがとても大事です。印象が良ければそれだけ減点されにくいですからね。「この受験者の論文はしっかりしている」と思われれば、評価されやすい論文になります。

重要なキーワードは少し濃く書いていきましょう。このテクニックを意識することで、答案上でその語句が浮き上がるような印象を与えることができます。

このテクニックを露骨にすると減点される可能性があるので、気づかれない程度にするべきでしょう。

まとめ:筆記用具なんてどうでもいい

論文試験は筆記用具で点数が変わることはありません。論文誌試験の規程等を確認しておきましょう。

筆記用具を気にするなら、論文の対策に時間を書けましょう。

こちらの記事を参考にしましょう。

https://katigumikoumuin.com/comment/ronbun-kousei-goukaku/

山辺の「無料メール講座」のご案内

 

底辺大学から公務員試験を突破した、公務員試験を突破するためのメルマガ講座を作りました。

ぜひあなたの公務員試験の対策に役立ててください。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティのものをお送りしていますので。

 

具体的には次のようなことをお話しています。

面接官を洗脳して、高評価を得るあるフレーズの使い方とは?

「他人より理解力がかかる人」の根本的な原因とは?

一瞬で脳に焼き付け、2倍以上の効率で勉強する方法とは?

 

もしあなたが『本気で』公務員試験を突破したいなら必ず読んでおきましょう。

 

関連記事はこちら