公務員試験について

公務員試験の合格率を気にする=不合格。元公務員経験者がその理由を徹底解説します。

「本当に合格できる?」

という不安を抱えながら、公務員試験を受験するか悩んでいるあなたへ。

あなたは今、公務員試験を受験しようと考えていることでしょう。

どうですか?

  • 自分にできる気がしない。
  • もしかして低学歴では公務員になれないのかな?
  • 予備校に行かなければ合格できない?

このような悩みを抱えているかもしれませんね。

公務員試験ってかなりやることが多いから、調べるだけでも大変ですよね。

 

私も受験生の時、公務員試験の勉強科目を見て、絶望していました。

やまべ
やまべ
「こんなの無理ゲーじゃん。頭のいいやつしか公務員になれないのか・・・」

と思っていました。

しかし、自分なりに試行錯誤しながら勉強した結果、グングンと得点が伸び、最終的には絶対合格できるな!という自信が出るくらいになれました。

合格するためのポイントは合格倍率を気にするのではなく、〇〇だったのです。

このポイントを意識すれば、合格が一気に近づきます。

 

この記事では、私の受験の経験を踏まえて、次のようなことをお話していきます。

  • 公務員試験の合格倍率ってどれくらい?
  • 合格倍率は〇〇を注意しろ!
  • 予備校の闇

実は予備校ってヤバイところが多いんです。大声で言えないけど。

受験生の無知や不安を利用して、お金を儲けている予備校が多いので、注意しましょう。

 

公務員の合格率を信じるな。実際はもっと簡単だ。

あなたは「公務員になりたい!」と考えているはず。

ですが、合格倍率の目安がわからないから、どうしようか悩んでいるのでしょう。

 

私が受験生の時も、

 

やまべ
やまべ

「公務員試験って難しいけど、自分には出来るのかな。」

「もしできなかったらどうしよう・・」

「勉強が得意じゃないけど、合格できるのかな?」

 

という不安を感じていたので、気持ちはひじょ〜に分かります。

 

まず結論から。

受験先によって異なるので一概には言えませんが、公務員試験の合格率は「約5〜10倍」の範囲と考えておきましょう。

 

つまり、試験を受けた5〜10人のうち1人しか合格できないのです。

 

ちなみに各公務員の具体的な倍率は次のようになります。


だいたいの倍率の目安

○国家総合職は約17倍

○国家一般職は4.2倍

○東京都は約7倍

○地方公務員は約3〜15倍

特に九州地方の公務員は倍率が高い傾向にあります。

ちなみに合格の難易度は

「国家総合職>>>東京都>国家一般職>特別区>市役所」

というイメージですね。

志望先の倍率等は調べておきましょう。

 

倍率について詳細が知りたい方は、このページをごらんください。

公務員試験の倍率(外部サイト)


 

受験生
受験生

かなり倍率が高いじゃん・・・

合格できない気がしてきた・・・

 

安心してください。

倍率は高いですが、しっかり勉強できれば問題なく合格できます。

もしあなたがちゃんと勉強するなら、合格倍率は約1〜2倍ぐらいに下がります。

受験生
受験生
え、なんで倍率が1〜2倍に下がるの?

 

何故倍率が下がるのか?

この理由について話していきますね。

 

公務員試験には「記念受験生」と「やる気がない受験生」が合格倍率を上げている。

さきほどは、公務員試験の合格倍率が5倍ですが、ちゃんと勉強しているなら1〜2倍になるということをお話しました。

なぜ1〜2倍になるのか?

それは本気で勉強している受験生がほとんどいないからです。

少し説明しましょう。

公務員試験を受験するためにどれくらい勉強したのか?で分けると、受験生は次の3タイプに分かれます。

受験生の3タイプ

①記念受験生(約4割)

勉強していない。基本的になめているグループ。

②やる気ない受験生(約3割)

半年未満の勉強期間で受験するグループ。

③本気で勉強している受験生(約3割)

半年〜1年の勉強期間で受験するグループ。

 

もしあなたが本気で勉強するなら、合格確率はかなり高い。

「合格率」を分解して考えてみましょう。

「合格率=合格者/受験者」になりますよね。

この受験者には約4割の「記念受験生」と3割の「やる気がない受験生」が含まれるため、見かけ上の倍率が上がっているのです。

本気で勉強している人は、たった3割ですからね。

 

本当の倍率は、本気で勉強しているグループ(3割)と合格の席を奪い合うということなのです。

ですので高い倍率は気にする必要はないのです。

 

公務員試験の筆記に奇跡は起きない。

公務員試験では、

合格できるやつはほかの試験でも合格できますが、そうでないやつはすべての試験に全滅する

という現象が起こります。

なぜそのような現象が起こるのか?

その理由は次の3つです。

①公務員試験の問題は使い回されるため。

②公務員試験のほとんどの問題は応用力、理解力は必要なく、知っていれば解ける。

③広範囲の勉強を求められる

 

この理由から考えると、

公務員試験は、どれだけ多くの問題を解いたのかが、合格に直結するのです。

 

過去問を勉強しまくれば合格する可能性が高くなりますし、逆に勉強していない人は合格の可能性は低くなるのです。

つまり、どれだけ過去問を潰しているのか?が合否を分けるのです。

公務員試験は併願できるので、真面目に勉強していれば、全滅することはほぼありません。

例えば国家一般職、地方上級、地元市役所などのように、複数の団体を受験する人がほとんどです。

 

つまり、真面目に勉強すれば、併願しているどこかに引っかかります。

だから安心して勉強しましょう。

中途半端に民間と併願したりすると、全滅する可能性が高まるので注意しましょう。

 

公務員試験に合格したいなら、倍率ではなく、自分がどれだけ勉強するか?にフォーカスしろ!

公務員試験に合格するには、合格倍率を気にするのではなく、「自分がどれくらい勉強できるか」が大事だ!ということを意識しましょう。

大事なのは合格倍率ではなく、自分が勉強して、どれだけ合格する確率を上げられるのかということです。

つまり自分との勝負なのです。

何度も繰り返しますが、真面目に1年間勉強し、過去問を解きまくれば、ほぼ確実に合格できる。

これが公務員試験なのです。

 

実際、私の周りも本気で勉強して、内定をもらえた人は、ほとんどいませんでした。

大学の公務員講座には約50人の受験生がいましたが、勉強時間を確保し、一生懸命勉強している人は、ほぼ全員合格できていましたよ。

 

不合格になったのは、コイツはどこでも働けんだろ・・・というコミュ障だけ。

そいつは、

  • 目を見て話せない
  • 声が小さすぎて何を言ってるか分からない。

のような、社会人として「ヤバイやつ」だけだった。

そんなやばいやつ以外はほとんど合格していましたね。

 

受験生
受験生

その話を聞いて、なんとかいける気がしてきた。

やる気が出てきたよ!

 

公務員試験に合格するには学部は関係ない。大事なのは、どれだけ本気で勉強するかだ。

受験生
受験生

法学部と経済学部は公務員試験で有利ってネットに書いてあるんだけど、あれって本当なの?ほかの学部は不利になったりするの?

結論ですが、学部は気にする必要はありません。

確かに法学部や経済学部は有利ですが、大事のは自分がどれだけ勉強できるかどうか。ということです。

勉強すればどの学部でも合格できます。

私は理系でしたが、無事に合格できてましたし、
ほかの理系の友達も行政事務に無事に合格できました。

私がとある県庁で働いていた同期も約3割は理系でした。

法学部や経済学部以外にも、経営学部や商学部、理学部などいろいろな学部から合格者がでています。

 

ですから学部は気にする必要はありません。

 

受験生
受験生

わかった。

大事なのは、自分がどれだけ勉強するか?なんだね。

自信が湧いてきた。頑張るよ!

 

公務員試験は低学歴でも人生を変えられる最後のチャンスだ!

もしあなたが、低学歴で自分に自信がないなら公務員試験をおすすめします。

なぜならば、低学歴が人生を変えるために最もコスパのいい選択だからです。

 

どれだけ学歴が低くても、
どれだけサボって生きてきても、
どれだけ勉強してこなくても、
この1年間本気で勉強すれば公務員になれるんですよ?

 

私が公務員を目指したのは、自分には何もないことをしっていたから。

低学歴で、まったく勉強ができなかったし、スポーツの才能がなかったですし、ナンパや合コンやが出来るほどの社交性もない。

 

そんなやつが就活しても、良い企業に就職できるはずがないと分かっていたので、絶望していました。

 

ましてや私のような低学歴が大企業なんかに行けるとは思えなかったからね。

 

だから私には、公務員試験しかないと思った。

 

どんなに低学歴でも、
どれだけ将来に夢がなくても、
たった1年間勉強すれば、人生が変えられる。

人生をこんなに変えられるチャンスってなかなかないと思うんです。

 

だから、あなたがもし本気で人生を変えたいなら公務員試験を受験することをおすすめします。

という個人的なお話でした。

 

公務員試験の対策は予備校と独学どっちが良いの?明らかに独学です。

「よし公務員試験を受験しよう!」

そう決断した後、「どうやって勉強すればいいのか?」を悩むと思います。

独学、予備校、結局どっちがいいのか?

正直にお答えします。

 

独学で勉強するべきです。

独学、予備校にメリット・デメリットはありますが、トータルすると私は独学をおすすめします。

 

「なんで予備校ではなく独学のほうがいいの?」と思う人がいるかも知れませんが、公務員試験で得点する上で重要なのは次の能力を身につける必要があります。

その能力は過去問を解くことでしか身に着けられないからです。

得点するために身につけるべき能力

①公務員試験は解法パターンさえ覚えれば得点できる。

公務員試験は過去問を何度も使い回す傾向があるので、過去問をマスターすることで得点できる。

②5肢択一の問題を解くには知識を使いこなす応用力が必要。

知識を使いこなす応用力とそれに必要な前提意識を最も効率的に身につけるには、問題を解きまくることが重要。

③人間は暗記するよりその知識を使うほうが記憶の定着が良い。

アメリカのバビュー大学の実験によると、人間の脳は何度も単語を覚えようとするより、、何度もテストを繰り返したグループのほうが記憶の定着が高くなる、という結果が出ています。
つまり、講義を見たりテキストを見るよりも、問題を解くほうが記憶の定着率が良いのです。

過去問を解くことで、解くための感覚や問題を解くために必要な前提知識が確認できる。

だから効率よく勉強できるのです。

 

逆に、授業の講義のDVDの復習や参考書、テキストで勉強しても上記の能力は身につきません。

また、受動的な勉強は頭がボーッとしてしまうため、「2時間勉強したのに、何も記憶に残ってない!」のようにムダな時間を使うことになる。

 

限りある時間で公務員試験を突破するには、過去問を解くことを何度も繰り返すことが、最も効率がいい方法です。

ぜひこの方法で対策してくださいね。

 

予備校の合格率〇〇%には騙されるな。

公務員試験の予備校のサイトやチラシを見てみると、「合格率〇〇%」と書いていませんか?

 

受験生
受験生

あーあれね。笑

前見た広告は95%って書いてた。

95%で合格出来るなら予備校に行こうかな!!

 

この合格確率○○%というキーワードは魅力的ですよね。

この数字で予備校を選ぶ人もいると思います。

 

しかし、この数字には注意しましょう。

この合格率で予備校を決めるのは良くないですよ。

 

騙されないでください。

あれ、数字のトリックだから。

受験生
受験生

え?どういうこと?

ちゃんと説明していきますね。

 

予備校の数字のトリックに騙されるな。予備校の合格倍率はそこまで高くない。

合格率は、

「合格率=合格者/受験者」

で表されますが、予備校はこの合格者と受験者の集計方法にある細工をしています。

これはとある予備校の話。

予備校の合格率って結構いい加減に集計してるって話です。

予備校の合格率の算出方法は、アンケートを提出させ、それを集計するという流れで行われるのですが、

その際、合格者は多く、受験者は少なくなるようにしています。。

具体的にお話しすると、受験者を少なくするため、不合格の人にアンケートの依頼をしなかったり、
合格者を増やすために、受験生に簡単な試験(警察など)や必要のない試験を受験させ、その複数合格者の数字も合格者に追加している・・という話を聞きました。

そのため、不合格者は受験者に含まず、合格者を多く集計しているため、合格率が高くなっているのです。

ですので、合格率の数字は参考程度にしておきましょう。

実際、合格者は予備校と独学どっちのほうが多いの?

予備校と独学どっちが合格できるの?と悩む受験生は多いと思いますが、どちらでも構いません。(私は独学をおすすめするけど。)

私の同期ですは、独学と予備校の割合はほぼ1:1でした。

(行政事務のみです。)

つまり、独学でも合格した人はいるし、予備校で合格した人もいるのです。

 

絶対に予備校に行かないと合格できない・・・というわけではありませんし、独学では合格できないというわけではありません。

 

受験生
受験生
そうなの?てっきり予備校に行かなければ合格できないと思ってた。

みんなそう思うんですよね。

だから予備校は儲かっているんだけど。

大事なことなので何度も言いますが、

公務員試験は「過去問」さえ繰り返せば、絶対に合格できるのです。

 

受験生時代、私は大学の公務員講座に通っていましたが、「講義を受ける時間がムダだな!」と思って、独学で勉強しました。

過去問さえ勉強していれば、合格できるということが分かっていたからです。

別に独学でも問題ないのです。

低学歴だった私でも、受験した「地方上級、国家一般職、地元市役所、大学法人」はすべて合格できましたから。

だから気にする必要はありません。

 

受験生
受験生
結局過去問が大事なのか〜!よし過去問を勉強するわ!!

 

まとめ:独学か予備校なんてどうでもいい。大事なのは過去問だ!

この記事では

  • 公務員試験の合格率
  • 合格率を信じずに自分がどれだけ勉強するのかが大事。
  • 予備校の合格率は信じるな。

についてお話してきました。

この記事を参考に、公務員試験の勉強を初めましょうね!

 

受験生
受験生

よし、決めた!!

僕も公務員になるために勉強する!!

 

いいね。

ただし本気で勉強しなければ合格できないから、覚悟してね。

 

公務員試験はどれだけ勉強できるのか?の勝負です。

この記事を読んで対策していきましょうね!!

山辺の「無料メール講座」のご案内

 

底辺大学から公務員試験を突破した、公務員試験を突破するためのメルマガ講座を作りました。

ぜひあなたの公務員試験の対策に役立ててください。

無料ですが、決して「無料」とは思えないようなクオリティのものをお送りしていますので。

 

具体的には次のようなことをお話しています。

面接官を洗脳して、高評価を得るあるフレーズの使い方とは?

「他人より理解力がかかる人」の根本的な原因とは?

一瞬で脳に焼き付け、2倍以上の効率で勉強する方法とは?

 

もしあなたが『本気で』公務員試験を突破したいなら必ず読んでおきましょう。

 

関連記事はこちら