勉強方法

忙しい社会人のあなたへ。公務員試験の勉強は独学でするべきたった1つの理由

どうも。山辺です。

あなたが公務員へ転職したい理由は様々でしょうが、おそらく次のような理由でしょう。

  • 仕事の残業が多すぎるし、やりがいを感じられない。
  • 地元に帰りたい。
  • 尊敬できないパワハラや夜の付き合い飲みの多さなど人間関係にうんざりしている。
  • もうノルマに追われる人生は嫌だ。のんびりしたい。

 

 

この記事ではそんな『公務員へ転職』したいあなたのために、社会人で働きながら

 

公務員試験の合格を勝ち取るためのノウハウ

 

をお話しています。

 

 

それでは参りましょう!!

 


とその前に・・・

社会人が公務員試験を突破するためのノウハウをお伝えする前に、1つ言わせてください。

 

あなたは本当に公務員試験を受ける覚悟ができていますか?

 

あなたがもし、

  • 仕事で疲れて、勉強する気がしない。
  • モチベーションを維持する方法が分からない
  • 親に反対されているから試験しようかどうか迷っている。

 

そんなぬるい気持ちで公務員になりたいと考えているなら、

 

悪いことは言わない。

 

公務員試験の転職はすぐに諦めろ。

どうせ不合格になるだけだ。

 

 

良いですか?

 

公務員試験は有名大学を卒業する、超優秀な人たちと勝負をするんです。

 

地頭が良い大学生が、平均1,000〜1500時間以上勉強してくるんです。

 

そんな不利な戦場で勝負をしようとしているということを意識しておきましょう。

 

片手間で合格できる!!

という甘い考えは即刻捨てるべきです。

 

何度もいいますが、

なまぬるい気持ちで公務員試験を受験してもどうせ不合格になるんだから、さっさと諦めろ!!


 

さて、あなたは「本気」で合格したいですか?

OK。良いでしょう。

 

「社会人から公務員へ転職したい。」

 

そんなあなたに、合格するための戦略をお伝えします。

 

 

 

ちなみに↓の講座では、

国家一般職、県庁、市役所、大学法人

に内定をもらった山辺の公務員試験の攻略法をお話ししています。

もしあなたが本気で合格を勝ち取りたいのなら・・・

役に立つ情報を受け取れることをお約束します。

 

 

 

 

 

この記事では、社会人が公務員試験を勉強する上で、

  • 独学で勉強するべきか?
  • 予備校に通うべきか?

について解説していきます。

 

社会人から公務員を目指すなら独学で勉強すべし。

あなたが仕事をしながら公務員を目指すなら、断然

独学」

をおすすめしています。

 

理由は、働きながら公務員試験の勉強をするためには圧倒的に時間が足りないためです。

 

あまり知られていませんが、実は予備校の講義を受ける時間だけで「約300時間」かかってしまうことです。

 

・・・300時間ですよ。

 

また予備校の通う時間を含めたら、
圧倒的に時間が足りません。

 

 

あまり知られていませんが、

公務員試験は基本的な問題が出題されます。

同じような問題が使い回されているため、

『過去問をどれだけこなせるか?』

で得点が変わってきます。

 

 

ですからぶっちゃけ講義を受けるのって時間の無駄です。

 

 

やまべ
やまべ
効率よく勉強するにはインプット(講義を受ける・テキストを読む)ではなく、問題を解くなどの知識を用いたアウトプットの量が重要なんだ。

つまり、公務員試験は過去問さえ解ければ問題ない。

ですので予備校で授業を受ける時間があるなら、独学で過去問を解きまくったほうがいい。

 

また最近では独学でも勉強できるような参考書や解説の優れた過去問なども多く販売されています。

ですので、初心者でも問題なく独学で対応できる環境は整っています。

 

最近とある公務員予備校(L○C)の先生と仲良くなったのですが、

「正直予備校で使っている教材より、市販のテキストのほうが分かりやすい笑」

と言っていましたので、独学をおすすめしているのです。

 

社会人が公務員試験を突破するためにやるべきこと

 

じゃー続いて、

社会人が公務員試験を突破するために意識するべき
『2つのポイント』について解説していきましょうか。

 

 

残念ながらこの2つのポイントを押さえずに、闇雲に勉強しても合格することはできません。

 

大事なのは適切な方法で勉強することです。

 

働きながら勉強時間を確保するのが難しいんだから、
質で勝負するしかありません。

 

じゃーその大事な2つのポイントとは?

 

それが↓です。

社会人が公務員試験を突破するためにするべきこと。

①まずはどこを受験するか決めること。

②筆記試験で成果を出すには『戦略✕勉強時間✕効率』を意識しろ!!

 

 

【社会人が公務員試験を突破するためにするべきこと。】
①まずはどこを受験するのか決めよう!!

 

まずはどの試験を受験するのかを決めましょう。

 

というのも公務員試験は受験する自治体によって試験の制度が違います。

ですからどこを受験するかで、
勉強するべき内容が変わってくるのです。

 

 

例えば公務員試験の筆記試験では、
『専門試験』と『教養試験』がありますが、

それ以外にも論文試験や面接試験など様々な試験制度があります。

 

特に筆記試験では

  1. 『専門試験』だけで受験できる自治体(一部の自治体)
  2. 『教養試験』だけで受験できる自治体(ほとんどの中・小規模の市役所)
  3. 『専門試験+教養試験』で受験できる自治体(政令指定都市、国家一般職、地方上級試験など)

に分かれておりどこの試験を受けるのか?試験の内容が変わってきます。

 

ですから勉強を始める前に、

あなたが受験する自治体の採用ホームページなどで試験の要項などは調べておきましょう。

特に教養試験だけなのか。

それとも教養試験+専門試験の2つが出題されるのかは見ておきましょう。

 

 

もしあなたが公務員試験の勉強期間が半年しかないなら教養試験だけで受験できる「市役所」に焦点を絞るべきです。

 

社会人が半年で市役所に転職する場合のノウハウは、こちらの記事で解説していきます。

↓↓↓

社会人はいつから勉強するべき?半年で公務員試験に合格するための勉強スケジュールはこれだ!「夜10時まで残業して土曜日も仕事をして疲れた・・・」 「こんなサラリーマン生活が一生続くのは嫌だ・・・」 「地元に帰りたい」 こ...

 

逆に試験まで1年あるなら教養試験と専門試験の勉強をして、

「国家公務員や地方上級、都庁など」も選択肢に入れるべきでしょう。

 

 

というのも「教養試験と専門試験」を勉強しておくと、
いろんな場所を併願できるため、
合格できる可能性が上がります。

 

公務員試験は試験の日程がかぶっていなければ、
いくらでも併願できます。

 

ですから

併願数が多ければ多いほど、どこかに引っかかる可能性は上がる

というわけです。

 

公務員試験を受験する場合、
併願先はこちらの記事で徹底解説しています。

 

この記事を参考に併願先を考えておきましょう。

↓↓↓

公務員試験の併願先のおすすめはここだ!無内定を避けるためのコツも徹底解説公務員試験を受ける場合どこを併願したら良いの? 行きたくもないところを併願する必要ある? と考えているあなた。 公務員試験の受...

 

 

【社会人が公務員試験を突破するためにするべきこと。】
②筆記試験で成果を出すには『戦略✕勉強時間✕効率』を意識しろ!!

つづいて、公務員試験の筆記試験を突破するための方法をお伝えしていきます。

 

公務員試験で成果を出すには、次の公式を意識しておきましょう。

成果=戦略×勉強時間×勉強効率

 

つまり大事なのは次の3つの数字です。

公務員試験で成果を上げるために押さえるべき3つのポイント

①戦略:何を勉強するのか?

②勉強時間:どのように勉強量を確保するのか?

③勉強効率:どのように勉強すれば効率が良いのか?

 

・・・で。

 

ポイントはこの数字の3つは掛け算ということです。

 

どれか0なら全く成果がでません。

 

大事なのは3つの数値

「戦略×勉強時間×勉強効率」

の全ての数値を高めていく必要があるということです。

 

 

それではそれぞれの数値の高め方について、解説していきましょう!!

 

【公務員試験で成果を上げるために押さえるべき3つのポイント】
①社会人が筆記試験を突破するための戦略は「フォーカス」だ!

まずは何を勉強するのか?という戦略の話です。

ポイントは「出題されやすく、簡単な問題」にフォーカスすることが重要です。

↑の☆部分にフォーカスし、それ以外は後回しにするのです。

ですので応用問題は最後に勉強するようにしましょう。

 

まずは各科目の基本問題を押さえその後に応用問題をこなしていくべきです。

 

私は多くの受検生を指導してきたので分かるんですが、

多くの人が公務員試験の対策をしているのに落ちてしまう理由は、

「知識のドーナツ化」

 

が起こってしまうためなんです。

説明しましょう。

 

 

このドーナツ化現象というのは、

 

手を広げすぎるあまり
大事な基本問題の復習が疎かになる

 

というものです。

 

 

ドーナツは真ん中に空洞ができていますよね?

 

これと同じで応用問題に手を広げすぎて、基本問題が疎かになってしまうわけです。

良いですか?

 

公務員試験で合格するためには、

「みんなが解けない問題を解けるようになる」のではなく、

『みんなが解ける基本問題』を確実に解けるようにしてくことが、

合格する上で重要になります。

 

 

『限られた時間でどれだけ効率よく勉強できるか?』という要領の良さが重要です。

 

ですから取りやすいところから得点するというのが、試験では重要なのです。

 

 

 

じゃー具体的にどのように勉強すればいいのか?

 

ここで大事なのは、応用範囲に手を出さないことです。

 

基本問題だけを勉強し、
その基本を何度も復習して、
確実な知識にしておきましょう。

 

 

ポイントは「浅く狭く」です。

 

【公務員試験で成果を上げるために押さえるべき3つのポイント】
②勉強時間を増やすにはスキマ時間を有効活用しろ!!

続いては「合格するために必要な勉強時間」を確保する方法についてお話していきます。

 

結論ですが、合格するためには「最低800時間」確保するべきでしょう。

具体的な勉強時間の目安ですが・・・

  • 受験までの期間が一年間なら1日約2時間。
  • 半年なら約4時間です。

公務員試験を勉強する際の勉強時間の目安はこちらの記事で解説しています。

↓↓↓

公務員試験を受けるあなたへ。合格するための勉強期間と究極の対策方法を解説!公務員になりたい!! そういう願望を持っている人がいますが、 公務員試験に合格するためには、難関な公務員試験を突破しなければいけませ...

 

 

社会人が公務員試験を合格するために重要なのは、
「スキマ時間」も勉強するということ。

 

 

特に次の点は意識するべきです。

スキマ時間を確保するために意識するべきポイント

  • 同僚や上司の飲み会は断るべきです。どうせ転職するんですから。
  • 雰囲気で残業するのを辞めましょう。
  • 昼休みも勉強しましょう。

 

起きている時間をすべて試験対策をする。

社会人が転職する場合、これぐらいの気持ちを持つべきです。

やまべ
やまべ

スキマ時間を勉強する。

これは当たり前のことだけど、合格するためにかなり重要な要因です。

ぜひ押さえておきましょう。

 

このほかにスキマ時間を確保するためには「スケジューリング」の方法を学ぶべきでしょう。

より効率的に努力ができるようになるので。

次の記事で解説しているのでご覧ください。

↓↓↓

【公務員試験】学習スケジュール管理が出来ないあなたへ⇛解決策はこれだ!!公務員試験ってやることが多すぎる・・・ それならスケジュールを立てて計画的に勉強しよう・・・ そう思い手帳などに予定を立てたけど、計...

 

 

スキマ時間は目次を見て思い出す時間に使え!!

 

スキマ時間ってどうやって勉強するべきなの?

おすすめの勉強の仕方がありますか?

 

 

私が思うにスキマ時間でおすすめの勉強法は

「参考書や過去問の目次」を見ながら、
重要な内容を思い出すという勉強法ですね。

 

具体的には、、、

その目次の写真を見て、

  1. この目次にはどのようなことが書いてあったか?
  2. どのようなキーワードがあったか?
  3. そのキーワードを自分で説明するとどうなるのか?

 

という知識を思い出す勉強をするべきです。

 

 

【公務員試験で成果を上げるために押さえるべき3つのポイント】
③勉強効率を上げるには次の2つのポイントを意識しろ!!

 

 

続いて勉強の効率を上げる方法です。

少ない時間で成果を出す。

そのためには、どれだけ効率よく勉強できるかが重要ですよね?

 

ではどうすれば効率的に勉強できるのでしょうか?

 

具体的には次のポイントを意識しましょう!

勉強の質を高めるための2つのポイント

①忘れないうちに復習すること

②初めから過去問を見て、その後テキストや解説で過去問を解くための前提知識を補充すること。

ひとつずつ解説していきます。

 

【勉強の質を高めるための2つのポイント】
①忘れないうちに復習すること

勉強する時、一番のムダな時間は「一度覚えた知識を思い出す時間」です。

つまりこの時間をどれだけ減らせるか?ということが勉強の質を高める上で重要なのです。

 

ではその無駄な時間を減らすにはどうすればいいのか?

何度も復習することを心がけましょう!

 

ペンキを塗るようなイメージで、何度も復習し、ちょっとずつ新しいところを進める。こういう感覚で勉強すればうまくいきます。

 

具体的には次のような復習方法をおすすめしています。

①新しい範囲を勉強したときは5日連続でざっくりとした復習を行い、

②その後1週間ごとに復習すること。

このざっくりとした復習というのは眺める程度のもので構いません。

問題を眺め「問われていたのは〇〇だったな」という眺める程度のものでOKなのです。

 

大事なのは何度も目に通すということです。

そのように何度もこなすことで、脳が自動的に暗記してくれるのです。

 

【勉強の質を高めるための2つのポイント】
②過去問を見て、テキストや解説を見ること

 

公務員試験の勉強で最も重要なのは、

はじめに過去問を見る

ことです。

 

 

大学受験では参考書を見たあと問題を解いたと思いますが、このやり方って実は効率がよくないですよ。

 

例えば卒業式の校長先生の話を思い出してみください。

 

話を一方的に聞くのはすごく疲れますよね。

話を聞いていると頭が「ぼー」とすることが分かるはず。

 

それは受動的な学習をしているからです。

 

公務員試験の勉強でも同じです。

ただ一方的に先生の話を聞いて、
ノートを書き写す。

こうやって授業を受けている人が多いんですよね。

 

それ、めちゃくちゃ無駄な勉強ですよ?

 

そんな態度で授業を受けても意味がない。

 

大事なのはただ話を聞くような受動的ではなく、

能動的な学習をする必要

があるのです。

 

 

そしてその能動的な学習をするために大事なのが『問い』を意識しながら話を聞くということです。

 


例えば、

『〇〇です。』と講師が言ったら、

『なぜ〇〇なのか?☓☓ではダメなのか?』というように受動的に問いを意識しながら話を聞くのです。

(この問いのテクニックは頭が良い人はこの問いを無意識で行っています。ですので頭が良いのです。)

ですので、もし予備校の授業などを受けるなら、自分なりの疑問を持ちながら人の話を聞くことを心がけましょう。


 

さて。

これまでの話を聞いて、なぜ過去問から勉強するべきか分かりますよね?

 

 

 

過去問から理由は、
「問い」
を意識できるです。

 

過去問を初めに解くことで、
その科目の「どこが重要なのか?」というが分かります。

そして過去問を見ると

  • なぜそうなるのか?
  • このキーワードってどういう意味?

というような疑問点が出てきますよね?

 

こういう疑問を持った上で授業に出ると、
めちゃくちゃ集中して授業が聞けるようになるんですよ。

ちなみに、
頭の良い人は

「問い」

を無意識にしているため、深い理解ができるのです。

本を読むときや人の話を聞いている時に、「この問い」を意識すると理解度がかなり上がるのでおすすめです。

 

 

 

まとめ

 

この記事では、社会人が働きながら一般採用枠の公務員試験で合格するための戦略をお伝えしてきました。

 

冒頭でもお話しましたが、働きながら合格するには「覚悟」が必要です。

 

生半可な気持ちで挑んでも合格できません。

甘い気持ちで挑んでも結果なんて出ないのです。

 

どうせやるなら本気でやりましょう。

落ちてから「あの時もっとしていればよかった。」などと嘆いてもどうしようもありません。

 

 

来年も勉強したくないですよね。

 

「一回で合格する」ためには「出来ることはすべてやること」です。

 

もしあなたが本気で合格したいのなら、

こちらのメルマガ講義で山辺の公務員試験の攻略法を学んで、効率よく勉強していきましょう!!

 

今なら無料で参加できます。

 

 

 

 

 

働きながら公務員試験を攻略する場合は次の記事も読んでおきましょう!!

社会人はいつから勉強するべき?半年で公務員試験に合格するための勉強スケジュールはこれだ!「夜10時まで残業して土曜日も仕事をして疲れた・・・」 「こんなサラリーマン生活が一生続くのは嫌だ・・・」 「地元に帰りたい」 こ...
公務員試験は難しい?元公務員が低学歴でも合格できる方法を解説します。公務員になりたい。 そう思ったけど、公務員のことを調べていくうちに、 学歴がよくないから自分になんてムリだ・・・ などと考...
公務員へ転職する本音の理由はこれだ!後悔したくないならこの点を押さえとけ!公務員へ転職したいと考えているあなたへ。 「民間企業を辞めたい」 「もうノルマで苦しむのは嫌だ」 と公務員試験を志望する人が結...

追伸:公務員試験の勉強が思うように進んでいないあなたへ

 

どうも山辺です。

 

「え??お前誰??」という声が聞こえてきたので、少し自己紹介をしておきます。

私は元Fラン大学出身から公務員を目指すことを決意しました。

 

勉強しておらずほぼゼロからのスタートだったのですが、公務員試験に合格するために様々な知恵を学んだ結果

国家一般職、県庁、市役所(2箇所)、大学法人に内定をもらいました。

 

Fラン大学のくせに、みんなが羨む公務員の仕事を選ぶ立場になったのです。

 

・・・とはいっても。

 

私ははじめから上手く言ったわけではありませんでした。

たいして勉強の才能がなかったし、秀でた実績もない、めんどくさがりやのダメダメ人間でしたが、他の人とは違う戦略で戦った結果、圧倒的な成果を出すことができました。

 

え?その方法が知りたいって?

 

下記のメルマガでお話ししています。

 

 

※ただいまメルマガ登録頂いた方限定で「公務員試験最短合格マル秘マニュアル」を無料でプレゼントしておりますのでお受取りください。


 

 

 

予備校では聞けない筆記試験の攻略法をメルマガをお届けしています。

能が公務員試験に合格するための方法はこちらのコミュニティに参加できます。

関連記事はこちら