コラム

公務員試験の勉強がつらいと感じているあなたへ。またそうやって諦めるの?そうやってずっとナヨナヨしてろ!

公務員試験の勉強がつらい・・

と考えているあなたへ。

 

  • この勉強をいつまで続けなければいけないのか?
  • がんばっても本当に合格できるの?
  • 模試で点が取れないからもう無理な気がする。
  • もう諦めたほうがいいのかな・・・・

 

とあなたは、今、苦しんでいるかもしれませんね。

 

今はかなり辛いでしょう。

何をしていてもうまくいっている気がしないし、
この方向性で合っているのか分からない。

 

寝る前に

 

「本当にこのままで大丈夫なのか?」

 

と考えていることでしょう。

 

じゃー質問。

 

あなたがつらいと感じているのは次のうちどれですか?

 

 

①勉強する量が多すぎるから勉強が終わる気がしない

②自分が本当に合格できるのか自信がなくなった

③周りの友達は集ウカツしているのに、自分が勉強だけして何をしているんだろう・・・・

ま、いろいろと悩みがあるんだと多みます。

そんなあなたにお伝えしておきたいことがあります。

 

「そんなに苦しいのなら諦めれば?」

 

 

これからお話することに、怒ったり、気分が悪くなったりするかもしれない。

 

しかし、これはあなたの尻をひっぱたき、やる気にさせるためだから許してほしい。

 

もしあなたが本気で合格を勝ち取りたいなら、
↓の山辺の講座を受講することをおすすめする。

 

 

Fラン大学出身から、
国家一般職、県庁、市役所、大学法人
に合格した攻略法をお話ししているため、

「絶対に公務員になりたいんだ!!!!!!!」

という人は絶対に参加しておくことをおすすめします。

 

 

公務員試験がつらいなんていうやつはさっさと諦めろ。

 

これはあなたのために言っています。

 

大事なことだからもう一度言う。

 

公務員試験の勉強がつらいならさっさと諦めろ。

 

このままでは絶対に落ちる。

どうせそんな状態で勉強しても結果がでないんだから、その勉強時間は無駄。

そんなぬるい気持ちで目指している時点で終わっている。

 

『本気で勉強に取り組んでる?』

この質問に

「はい!!本気で勉強しています!!」

と答えられますか?

心のそこから。

 

 

 

もしあなたが、本気になっておらず、

  • 寝る時間以外を本気で勉強したことがない。
  • 就活している友達に相談できず孤独を感じている。

 

という理由で公務員試験がツライと言っているなら相当やばい。

 

論外です。

甘い。甘すぎる。

 

本気で向き合っていないのに、公務員試験がつらいなんて言っているやつは何をやっても成功できるわけない。

 

そんなぬるい努力しかしていないのに「公務員試験がツライ」だと?

 

まだ本気で勉強していないくせに、キツイだと?

 

笑わせるな。

そんなやつは公務員になる資格がない。

 

他の受験生ももがき苦しんでいるのに、

 

お前だけそんな甘い考えで合格できると思うか?

 

 

もう一度いう。

そんな甘い考えではどうせ上手くいかない。

だからさっさと諦めろ。

そんな状況で頑張れないやつが何かを成し遂げられるわけない。

 

どうせ仕事で嫌なことがあれば、すぐ諦めるんだから、面接官もその弱さを見抜くはずだ。

公務員試験は片手間で合格できる、あまい世界じゃない。

たった3時間の勉強でツライとか言っているやつ。

たかだか模試で点数が取れないといって友達にグチを聞いてもらっているやつ。

 

お前、相当ヤバイぞ。

 

 

大事なことだから何度も言う。

 

 

そんなぬるい気持ちで絶望しているなら、さっさと諦めろ。

 

どうせ本気で勉強することなく、
ダラダラ過ごすだけだ。

 

そんな時間があるならアルバイトや就活をするほうがいい。

 

どうせ公務員試験は全滅するんだから。

 

ピンチ、逆境、負荷の負荷をどれだけ自分に課し、その逆境をはねのけるために努力することが、その人間の器である!!

 

この言葉は大阪元市長の橋下徹氏の言葉である。

 

何気なくテレビを見ていると、
半生を紹介していた。

  • 学校での成績は進級が危ぶまれるほど悪く、現役時代は早稲田大学を受験するも不合格し、一浪の末、早稲田大学に合格
  • 学生時代、革ジャンの卸売などのアパレル事業をしていた時に、不渡手形を掴まされる。この時の訴訟を起こすという体験をきっかけに法律家を目指すようになった。
  • 彼女に養ってもらいながら、風呂やトイレがない6畳一間の古いアパートで弁護士を目指すため必死で勉強し、約2年間で合格。

私は橋本元大阪知事ついて、

やまべ
やまべ
早稲田大学出身で元弁護士なんだから元から頭が良かったんだ

と思ってたが、
それは違っていた。

 

この人はみんなでが諦める状況でも、
死ぬ気で努力して北人なんだ。

 

才能がないことに逃げず、多くの人が諦め、死体となって転がっている悪道を淡々と歩み続けてきた泥臭い人間だったのだ。

テレビで流れていたこの人の半生を見て、純粋に「カッコいい」と思ってしまった。

 

このエピソードを聞くと、冒頭の

「ピンチ、逆境、負荷の負荷をどれだけ自分に課し、その逆境をはねのけるために努力することが、その人間の器である!!」

という言葉が重いということが理解できる。

 

あなたに覚えておいてほしいのは、死ぬ気で努力をしている人が世の中にはたくさんいるということだ。

 

私の知り合いには、このようなかっこいい人がたくさんいる。

  • 前の会社で失敗し1億円の借金を抱えてしまった定年間近の男が会社を再興させるため、必死になって毎日働いている人。
  • 50年間、毎日3時間睡眠でずっと自分の弁当屋を経営している70歳のおばあちゃん。
  • 1000万の借金を作った夫が自殺し、借金の肩代わりをするため、毎日死ぬ気で働いている一児の母親。

 

など、世の中には文字通り死ぬ気で努力している人はいっぱいいる。

 

そんな頑張っている人がいっぱいいるんだぜ?

 

なのにたった1年位の公務員試験試験を諦めようとしているのですよ。

 

別に失敗しても死ぬわけじゃないし、借金を負うわけでもない。彼女に養ってもらっているわけでもない。

何も失うものはないはずなのに、諦めようとしている。

 

甘すぎませんか?

ぬるく考えすぎてないですか?

 

  • 寝る時間以外のすべての時間は勉強しましたか?
  • 寝る間も惜しんで、1日中机に向かったことはありますか?
  • 1日14時勉強したことがありますか?
  • 「これ以上は努力できない」と思えるような本気の努力をしたことがありますか?

 

もしこの質問に「YES!」と答えられないのなら、考えを改めたほうがいい。

 

自分の安全領域にとどまり、
必死になることもなく、
何かに本気で打ち込むこともなく、

何事にも本気で向き合うことなくダラダラと生きている。

そんな薄っぺらい人間が、
公務員試験に合格できると思う?

 

 

たった一年間、本気で勉強できないくせに「公務員試験の勉強がツライ」と弱音を吐いているような適当な人間が合格できると思うか??

 

「勉強がつらい」のは他の人も同じ。

その感情を押し殺し、どれだけ走りきることが出来るのか。

そこが合格するやつと合格できないやつの差なんだ。

 


 

さて。

 

あなたは本気で勉強する決意をしましたか?

本気で合格したいと思っていますか?

死ぬ気で努力する覚悟はできていますか?

 

いいでしょう。

 

それでは、ここからなぜ多くの人が諦めてしまうのか?について解説していく。

 

結論から言うと、

成功者というのは、凡人とは違う考え方をしているから成功できたんだ。

 

だから、その成功者の考え方をインストールできれば、あなたは合格できるはずだ。

 

成功は直線ではなく曲線で現れる

 

 

なぜ成功する人は成功し続け、成功できない人はずっと成功できないのか?

 

それは、成功者に共通する思考パターンがあり、

成功できない人にも共通する思考パターンがある。

つまりどちらの思考パターンを持っているかで、あなたが成功できるかどうかが決まるってわけ。

 

だから多くの成功者は、成功を持続させることが出来るし、落ちぶれても再度成功することができる。

だって考え方が成功者のパターンなんだから。

では、なぜ多くの人は成功できないのか?

思考パターンが間違っているからだ。

 

思考パターンが間違っているから、
間違った行動をしてしまうし、
間違った価値観を持っている。

 

つまり成功したいなら、
その間違った思考を修正するほかない。

 

じゃーどうすればその間違った思考を修正できるのか?

 

ここでは多くの人が陥るミスについて解説していく。

 

成功できない人は自分の能力を過信しすぎ。

 

多くの人は自分を過信しすぎ。

だから努力が続かない。

 

成功できない人の共通点。

それは、ちょっとした努力が成果につながると考えていることだ。

例えば1の努力をすれば、1の結果は当然出ると考えてしまう。

 

しかしそんなに単純じゃないんだ。

1努力したから1成果を出せるわけじゃないし、
10努力したからといって10の成果を出せるわけじゃない。

 

このポイントを知らないから、

「思ったほど成果が出ない・・・」

と思ってしまい、勝手に挫折してしまうんです。

 

いいですか?

大事なのは

『1努力したら1成果が出せる』という前提が間違っています。

成功は努力の量に比例するわけじゃないんです。

 

多くの成功者は「成功は二次曲線のようにおたらされる」という法則を知っている。

 

つまり、

成果は努力に比例するわけではなく、二次曲線のようなグラフを描くということだ。

つまり、

結果が出るまでにすごく時間がかかるということだ。

途中までは全然結果が出ない。

努力してもまったく成果が出せない。

それでも歯を食いしばって、
努力を続けていると、

ある時期を境に急激な結果がでるわけだ。

 

 

 

初めのうちは全く成果が出ず、
1の努力が0.1の成果、10の努力が0.2という結果になる。

 

しかし、その努力を続けると
100の努力をした瞬間に、100の成果が出るようになる。

ある点を境に急激に成果を出せるわけだ。

 

 

多くの成功者は成功は二次曲線になるということを理解している。

 

だから結果が出るとは思ってない。

ずっと努力した先にしか成功がないことを知っている。

 

だからそこまで諦めず淡々と努力ができる。

 

 

・・・でも、成功できない人は努力と成果は比例して手に入ると考える。

その結果、
思ったような結果が出ないから、そのギャップに絶望する。

 

そして、自分が無能な人間に思え、諦める。

挫折する。

 

だから多くの人は成功できないんだ。

 

だから大事なのは

成果というのはある点を境に急激に出せる。
だからそれまで諦めるな!!

ということなんです。

 

成功者は自分でコントロール出来ることに注力する。

 

以上のことを踏まえると。

 

成功するまでに努力を継続できるかどうかというのが重要な要因になる。

 

だからあなたが考えるべきは、

「成果が出せない時に、どう考えれば努力が継続できるか?」

ということになります。

 

・・・で。

 

 

そのために重要なのが、

 

自分がコントロールできる目標を設定し、
コントロールできないものは無視する。

 

ということが重要になります。

 

 

『「自分でコントロールできるもの」と「できないもの」って何?』

 

と思うかもしれないが、具体例を聞くと分かりやすい。

 

 

 

例えばダイエットで考えてみよう。

 


 

自分でコントロールできるのは、
自分ができる行動だ。

 

例えば、

  • 毎日30分ランニングする
  • 週3回ジムに行く
  • 毎日の摂取カロリーを10%減らす

などが、「自分でコントロールできるもの」になる。

 

 

逆に、自分でコントロールできないのは目標である。

 

例えば

  • 一週間後までに2キロ落とす
  • 1ヶ月で体脂肪を2%落とす

などの目標が「自分でコントロールできないもの」である。


 

 

・・・・で。

 

ここで言いたいこと。

 

成功できない人は、自分のコントロールできないことを目標をしている。

 

だから努力が続かないってわけなんです。

 

モチベーションが落ちる原因は、達成できるかどうか分からない成果を目標に設定してしまうからだ。

だから予想以上に結果が出せず焦ってしまい、挫折してしまう。

 

 

さっき「成功の二次曲線」についてお話したよね。

 

成果を求めても、結果が出るまでには時間がかかる。

 

多くの人は、自分のコントロールできないことを目標にするから、ギャップに絶望し諦めてしまう。

 

努力を淡々と続けたいなら、

自分のコントロールできる行動を目標に設定するべき

なんです。

 

そう考えることで、
努力をすることに達成感が生まれmさう。

 

 

「今日は予定通りに勉強できた!」と進んでいる気持ちになれる。

 

結果が出なくても『成功の二次曲線』だから、
後々結果が出るはずだ。

今は結果を求める時じゃない、

 

と思えるようになる。

 

 

何を毎日するのか。

しっかりこれを考えれば、後から成果が出てくるから。

 

自分がコントロールできるものに集中するには「WHY」ではなく、「How」を意識しろ。

 

 

では自分でコントロールできるものに集中するにはどうすればいいのか?

ポイントは「How」である。

この質問を自分の脳みそに問いかけると、脳が自動的にやるべきことを探してくるのだ。

人間の脳みそには不思議な機能がある。

それは適切な問いをすれば、適切な答えを自動的に探すという、

いわば検索エンジンみたいな機能があるってこと。

 

成功できない人は適切な問いを検索エンジンに打ち込んでいないから適切な答えが返ってこないし、

逆に成功できる人は適切な問いを検索エンジンに打ち込んでいるから、成功できるといことだ。

 

・・・で。

 

 

成功できない人に共通するのは常に「WHY」を考えているんですよ。

 

例えば彼女ができないという時に、

「なぜ彼女が出来ないんだろう」

と問いかけてしまう。

 

すると、

  • 自分に彼女が出来ないのは顔が良くないからでは?
  • 自分が男らしくないからでは?

というマイナス部分を脳は探してしまうんだ。

 

「なぜ出来ないんだろう?」と考えてしまうと、自分のできなり理由を探してしまう。だから成果が出せないってわけ。

 

つまり

「WHY」の問いかけは自分の行動をストップさせてしまう

ということ。

これは公務員試験でも同じ。

 

「なぜ勉強できないんだろう・・」

と考えてしまうと、脳みそはその理由を探し出す。

 

例えば、

 

  • 頭が悪いからでは・・・・・
  • 確かにセンター試験や大学受験でも失敗していたな・・・
  • 小学生の時も掛け算を覚えるのが遅かったっけ?

というようなできない理由を探してしまう。

 

そうやってできない理由が多く見つかると、
途中で諦めてしまうってわけだ。

 

 

じゃー「How」を意識すればどうなるか?

 

「どうやって勉強できるだろう?」

こう考えると、どうやってこの問題を達成しようか?

という思考に切り替わるよね。

 

どうすれば勉強机に行けるだろう?

どうすれば携帯を触らないで勉強できるだろう?

どうすれば勉強に集中できるだろう?

 

というように「How」を意識することで、
今の現状を問題として認識し、

その解決策を見つけようとしてくれる。

 

だから「How」が重要なんだ。

 

まとめ:さっさと本気を出せ!

 

 

この記事では

  • 逆境をどのように乗り越えていくか?
  • 多くの人が諦めてしまう理由
  • 成功の二次曲線の法則
  • 「Why」と「How」

 

    についてお話してきました。

 

    さらに本気で合格したい人はこちらの講座を受講することをおすすめします。

本気で公務員試験を合格したいあなたへ。

追伸:公務員試験の勉強が思うように進んでいないあなたへ

 

どうも山辺です。

 

「え??お前誰??」という声が聞こえてきたので、少し自己紹介をしておきます。

私は元Fラン大学出身から公務員を目指すことを決意しました。

 

勉強しておらずほぼゼロからのスタートだったのですが、公務員試験に合格するために様々な知恵を学んだ結果

国家一般職、県庁、市役所(2箇所)、大学法人に内定をもらいました。

 

Fラン大学のくせに、みんなが羨む公務員の仕事を選ぶ立場になったのです。

 

・・・とはいっても。

 

私ははじめから上手く言ったわけではありませんでした。

たいして勉強の才能がなかったし、秀でた実績もない、めんどくさがりやのダメダメ人間でしたが、他の人とは違う戦略で戦った結果、圧倒的な成果を出すことができました。

 

え?その方法が知りたいって?

 

下記のメルマガでお話ししています。

友だち追加

オンライン講義はラインで行っています。

 


 

 

 

予備校では聞けない筆記試験の攻略法をメルマガをお届けしています。

能が公務員試験に合格するための方法はこちらのコミュニティに参加できます。

関連記事はこちら